無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

858
2021/10/21

第57話

人肌(2)🔞
短いですけど続きが見たいという事だったので!


-


テオくん目線
-
テ)じんたんって後ろの穴使うの初めて?

そう言いながらじんたんの服を次々と脱がす

じ)そりゃそうでしょ、っ

じんたんが顔を真っ赤にしながら答えた

今まで無かった感情がどんどん湧いてくる

服を全部脱がせたら
たまたまベッドの近くに置いてあった
ローションを取って、じんたんに垂らした

じ)…っ、!

じんたんは恥ずかしさとローションの冷たさでか
さっきから俺が何かする度にビクビクしている

悪戯半分で耳に息を吹きかけてみた
するとじんたんは可愛い声を出した

じ)ゃあ、っ!
テ)何じんたん、誘ってる?
じ)テオくんのせいじゃん…、!

俺はじんたんにキスをした

じ)んっ、!ちゅ…っふっ、んん

目を瞑りながら少し苦しそうにキスをしている
姿を見るだけでも愛おしく感じてしまっている

俺はじんたんの事いつから好きになってたんだろ
今はそんな事を考えている余裕はない
俺のモノがどんどん大きくなっている

ローションを指に絡めてじんたんの穴に入れる
調べによると男は前立腺が気持ちいいらしい

じ)んんっ、はぁっ、んぅ…、はぁ、っ…

確か前立腺は奥の方に…

じ)あ、あっ、!んぁっ、きもち…ぃっ、
テ)気持ちいの?もっと気持ち良くなりたい?
じ)んっ、あ゛、あぁっ…!はぁ、っ…、っ
じ)むり、っ!イ、く…ッ、、はぁっ、あ、っ
テ)もっと気持ち良くなりたい?なりたくない?
じ)なり…っ、ん、たぃ…っ、、

相変わらずじんたんの顔は真っ赤

テ)わかった、挿れるよ
じ)んっ…ぅ、っ

じんたんが下唇を噛み締めている

そんなじんたんの唇にキスをした

じ)んぅっ、ふっ、んくっ…あ、ぁ、…っ
テ)全部入ったよじんたん

試しにゆっくりと動いてみる
少し動いただけでじんたんは締めてきた

テ)少し動いただけで凄い締めてくるじゃん
じ)あ、っ、はぁ…っ、ご、め…っ、
テ)動くからね…っ

次は少し早くしてみた
じんたんの喘ぎ声はどんどん大きくなる

じ)あっ、あ、あ゛ッ…!はぁっ、あっ、
じ)もっ、むりぃ゛イぐ、っ…!

じんたんの奥を一気に突いた

じ)あ゛…ッ!あ、はぁっ…も、むりっ、
テ)可愛いよじんたん、喋れなくしてあげる
じ)あっ、ぁあ゛ッ…むり、むっ、り…ッ

さっきの何十倍も激しくした

テ)はぁっ…ふっ、じんたんっ、気持ちい、っ?
じ)あ゛ッ、あぁ゛っ…!はぁっ…あ゛、!

気づいていないみたい

奥を何回も突く
するとじんたんはその度に何回も果てる
それが可愛くて沢山見たくなってしまう

じ)あ゛っ、はぁっ、んぁっ、あっ、!
テ)はぁっ、じんたん、俺イきそう、っ
じ)なか、っ出し、て…っ、!
テ)ん、はぁ、っ…イ…くっ…!

俺はじんたんの奥で果てた

その拍子じんたんも
海老反りになりながら果てた

テ)はぁっ…はっ、じんたん…?

じんたんは疲れすぎたのだろうかそのまま眠った

テ)はぁ…後片付けしなくちゃ…な、

まだ朝なのにこんなに激しくしちゃった、
じんたんが怒りませんように……
-