無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

18
2021/04/15

第2話

昨日の夜
昨日(2021/04/14)の夕方、6時半とか。

どうしても死にたくて、友達に

「今から死ぬ」

とか言って。

手首を切った。てか切れてた。

床は一部分殺人事件の後みたいになってた。

でも僕はぼーっと床に座って右手を血まみれにして

父さんが帰ってくるのを待ってた。

父さんに「まだ?」ってLINEを送ったらしい。

父さんが部屋に入ってきた時はもう廃人みたいになってて。

「間に合わなくてごめんね。」

って言われたんだけど頭の中は?だった。

「なんで謝るの?」

とか

「父さんが家に居たところで切ってただろうし。」

とか考えてた。

「今から病院(精神科)行こう。注射打って貰って落ち着こう、ね?」

って言われてとりあえず手を引かれるまま病院に向かった。

そしてジプレキサ筋注という薬を打たれた。

どうすれば死ねるかなぁとか今日も考えてる。

そういえばね、パソコン。良いやつを買ってもらったの。合計で27万とか。

「元を取るくらい遊んでねww」

とか言われてるんだけどさ、病んだ時とかってそこまで体が動かないだ。

APEXとかやりたいんだけど。

まぁ今風邪ひいててキャスしても何喋ってるか分からないくらいの声だからキャスはあまりしてないんだけど、キャスしたいな。歌を歌いたい。

明日も病院、診察の日。

なんて言えばいいんだろう。

「自傷行為が止まらない。死にたいです。」

とか言えないじゃん(笑)

「毎日毎日どうすれば死ねるか考えてます。」

とか言えないじゃん?(笑)

通り魔に刺されないかな。

死にたいけどさ、飛び降りるのは勇気が出ないんだ。

やっぱり僕はまだ生きたいんだよ。うん。

助けて欲しいとも思うし、この死を追い続ける気持ちから救って欲しい(殺して欲しい)とも思う。

去年の年末に亡くなった某YouTuberさんの言葉、今でも思う。

「死んでないだけで生きてない」

その通りなんだよな。

ていうかYouTuberさんはどうやって亡くなったのだろうか。

父さんに「殺してくれ」って頼んでみようか(笑)

絶対却下するだろ。ww。

今日も生きてる。

ゼンソク
ゼンソク
また次も生きてたら。

バイバイ。