無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
7
2021/07/29

第9話

飛び降りた。
こんにちは。ゼンソクです。


はい、題名の通り、飛び降りしました。

って言っても、家の二階の窓からなんだけど。

そしたら右足を強く捻挫して、左膝と左肘を強く擦りむいただけで済んだ笑

3年前コケただけで足折れた人が、2階から落ちても骨1本も折れてなかったのすごくね。

精神科病院のデイケアの、担当スタッフに飛び降りたって言ったら
真面目な顔して
「ちょっと話そう」
って言われて、シチュエーションとか諸々、質問攻めされた。


それと、愛方を悲しませちゃった。

死んだら許さないって。

ゼンソク
ゼンソク
僕は君が死んだら洗剤飲んででも死ぬから。

だから僕も、君も一緒に生きよう。

約束して。
って、いう約束した。


同じことを、もしかしたらするかもしれない。

もうしないっていう約束はできない、けど、

死なないって約束はした。


愛する人も、好きな人も、家族もいる。

でも生きづらい。ただただ。
だけど、これをわかってくれる人はいない。

もうどうでもいいって、投げやりになったから飛び降りちゃったんだけどね。

ゼンソク
ゼンソク
はい、ゼンソクです。
読んでくれてありがとうございます。
次も、生きてたら。またね。