無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

6
2021/05/24

第7話

色々あった。
色々あった。

まず彼氏と別れた。2週間の付き合いだった。

彼氏が束縛だった。

僕がTwitterで何かを呟くと、LINEで「あれってどういう意味?」とか「なんで俺に話してくれずにツイートしてるの」とか「俺の前で死にたいとか言わないで」とか言われて、最初の方は「あぁ、じゃあ元気そうにしてれば、振る舞えばいいんだ」と思ってそうしていた。でもなんで僕がそんなことしなきゃいけないんだと思って、別れよう。と言った。
1度「なんで?」と言われたけど理由はめんどくさくて言わずに「別れよう」って強行突破。

別れたよ。

そしたらちょっと元気になったんよ、ほんとに。

でも最近演じてたのが返ってきていつもの倍以上の死にたさで。

デイケア通ってるんだけどそれもめんどくさくて、家から出られない、学校も行けない。週1は頑張って行ってるけど。

そんな中、上京した姉が帰ってきた。

色々話してくれて楽しかった時間は確かにあった。

そんで姉は東京に帰った。



僕が今生きてるのは、好きな人が作業療法士という医療の職である限り、一緒に過ごすという夢は叶わない、だから僕が作業療法士になって近づこうって夢を叶えるため。彼女が生きがい。彼女が存在するから今の僕は生きてる。

これでも生きたいんだよ。
ゼンソク
ゼンソク
はい。ゼンソクです、お久しぶり。

読んでくれてありがとう、生きてたら、またね。