無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

17
2021/04/16

第3話

悪化
解離が酷くなってる。

僕は解離性障害、解離性同一性障害(多重人格)を持っている。

あるときキャスをしていた。

解離が時々起きていて、意識が飛び飛びになっていた。

気づいたらぼーっとして、はっ!っと目が覚める感じ。歌どころじゃない。

まぁ、最近は全面的に調子悪いから珍しいことじゃないけどしんどい。



それと、話は関係ないけど、自分では自分がおかしい、病気であることは分かってる。

けれど、人から、他人から「あなたは病気です」と言われるのは抵抗がある。

なんだろう、「分かってんだよ。そんな事。」って感じかな。

わざわざ言わなくていいじゃんって思う。

僕の病気は解離だけじゃない。沢山ある。

何が死まで追いやるのか分からない。

分からないことだらけ。

なのになぜ人からも病気の印を押されなければいけない。

今日も生きてる。
ゼンソク
ゼンソク
はい、ゼンソクです。

また生きてたら次もお会いしましょう。

バイバイ。