無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
13
2021/02/07

第8話

すれ違い
〜次の日〜

なんで玲於昨日あんな元気なかったんだろう。
まぁいいや
神崎玲於
神崎玲於
おはよう。
愛音なな
愛音なな
あ、玲於おはよー
朝ごはん昨日の残り物だけどいい?
神崎玲於
神崎玲於
あぁ
愛音なな
愛音なな
わかった準備するねー


やっぱ玲於なんか変だよ。
一希くんに聞いてみようかな、、
神崎玲於
神崎玲於
あ、あのさなな、
愛音なな
愛音なな
ん?
神崎玲於
神崎玲於
言わなきゃいけないことがあって。
愛音なな
愛音なな
なになに?
神崎玲於
神崎玲於
実は、、俺、


プルループルルー

私の携帯の着信音だった
愛音なな
愛音なな
あ、ごめん玲於、ちょっとまってね
神崎玲於
神崎玲於
わかった。


私は電話に出る
一希くんからだった
愛音なな
愛音なな
一希くんどうしたのー?
一希
一希
あぁななちゃん?
いやぁ、あいつが電話出ないからもしかして帰ってないのかと思って〜
愛音なな
愛音なな
玲於?充電切れてたのかな?
一希
一希
多分そうかなー
あのまんまお泊まりしたのかと思ってさ💧
愛音なな
愛音なな
お泊まり?んん、そっかー玲於なら今ご飯食べてるよ!
一希
一希
わかった!ななちゃんありがとね〜


プツ

お泊まり、、?なんのこと。
神崎玲於
神崎玲於
一希?
愛音なな
愛音なな
そうそう!玲於が電話出ないって〜
神崎玲於
神崎玲於
あ、着信音切ってた
愛音なな
愛音なな
もー笑笑


この後私はいつも通り1人で学校に向かった