無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

537
2021/08/29

第74話

スローモーション( 目 .






本番が終わって、みんなあなたに何があったのか聞こうとしてた。

でもあなたはフラッフラな足取りで逃げるように楽屋を出ていってしまった。

残されたみんなは思考停止って感じ。


追いかけなきゃ。

あの状態じゃ一人で帰れるわけない。


『ごめん、次の仕事行かなきゃ。』

向「あれ、めめ早ない?」

『早く始まるってマネージャーから。』


「おつかれー。」と多分返してくれたのは2、3人。

そのぐらいみんなあなたを心配していた。



テレビ局を出てすぐのタクシー乗り場にあなたを見つけた。

すると、あなたの体が傾く。

崩れ落ちるような動きがスローモーションに見えて、

俺は焦りながらも綺麗だと感じた。



『あっ、ぶね。』