無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1
2021/05/27

第8話

8
何気ない楽しみ日々を過ごしているうちにあっという間に2ヶ月が経ちました






















ある日の仕事帰り
















会社を出て信号待ちしていると彼が後ろから歩いてきていました


















私は彼と途中まで一緒に歩いていました















そして彼の車がある駐車場まで着くと彼が












駅まで送るよ!
















私は緊張しながら乗せてもらいました















そして駅まで着いて挨拶をしてわかれました















そしてしばらくしてから彼から
気をつけてね!
と連絡が来ました














この日はすっごい幸せでした!