無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

0
2021/05/24

第5話

5
約束した次の日だったかな?
いつも通りに買い物しつつ彼に声をかけに行ったら彼は私に連絡先教えてない事に対してわざわざごめんと言ってくれて۳( ̥O▵O ̥)!!
















そんなに気にすることでもないのになんて優しいんだろうと私はどんどん気になっていきました















そして彼は私に連絡先を教えてくれました!
















それから私は帰宅して彼から教えてもらった連絡先へ連絡をしました














少しして彼から返信が来てそれから彼と連絡する日々が続きました