無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

0
2021/06/14

第12話

12
その日の18時頃











彼から連絡が来ていました












「パンご馳走様!」















たった一言だけどこれがすごい嬉しくてたまりませんでした!


















でもやっぱまた連絡も来なくなりました














やっぱもうダメかな



















ある日職場で
彼からゼリーをもらいました














直接お礼が言えなかったからLINEでお礼の連絡をしました















ほんとはするの怖かったけど、、


















とりあえず連絡して
その時に私は決めました
















私も何か連絡するの申し訳ないから
次の連絡で返すのやめよう。。















既読も付けないでいるのはほんと悪いけどでも多分私とのトークなんて見返したりしないだろうから既読つけてないのも気づかないだろう


















ということで私も彼と連絡するのを我慢することにしました