無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

26'



学校




ナムジュン
おはよう、あなた
あなた

お、おはよ





昨日のこと思い出すと









変に緊張してしまう




ナムジュン
なにかあったの?
あなた

いや、、その…
















ありがとう?

ナムジュン
…え?
あなた

ユンギさんに、聞いたんだ

ナムジュン
あぁ、
あなた

ナム、ユンギさんの所まで
行ってくれたんでしょ?

あなた

私、なんかのために、
本当にごめんね…

ナムジュン
あなたが謝ることじゃないよ
ナムジュン
それに
これ以上、辛そうにしてる
あなたなんて見たくなかったからね
あなた

ナム…

ナムジュン
最後に、
あなたの役に立てて良かったよ(ニコッ




'


















'






あなた

え、最後…?

ナムジュン
先生から、
留学しないかって言われてるんだ
あなた

留学?

ナムジュン
うん、イギリスにね
あなた

そんな遠いところまで…

ナムジュン
大丈夫、
あなたにはあの人がいるでしょッ
あなた

……

ナムジュン
最初から分かってたよ

あなたの心の中には

あの人しか居ないって
ナムジュン
あなた…幸せになるんだよ
あなた

ありがとう……(泣

ナムジュン
ほら、
どうせまだ返事してないんでしょ?
あなた

うん…

ナムジュン
それなら、行っておいで
ナムジュン
ユンギさんのとこに
あなた

…分かった!





ナムジュンside






あなた、









僕がユンギさんの所に行った時









なんて言われたか知ってる?









ユンギ
気づかせてくれて

ありがとう






あなたは、




















俺が幸せにする



だってさ、、、










もう、









僕が入る隙なんてないんだなって思ったよ

















留学しても、









たまには手紙を送るから









その時は、ちゃんと返事してね?ㅋㅋ




















あなた、






























大好きだったよ_____________