無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

22'
 



え?











この声は…






ヘヨン
ゆ、ユンギ…




ゆっくり目を開けてみると









そこに居たのは









真っ青な顔のヘヨン様と













ユンギさんだった






あなた

ユンギ様……

ユンギ
な、なにやってんだよ



ユンギさんが、











ヘヨン様に近づく





ユンギ
なぁ、ヘヨン、説明してくれよ
ユンギ
お前、コイツあなた
何しようとしたんだよ
ヘヨン
…ごめん、ごめんなさい、、(泣



こんなに、怒ってるユンギ様









初めて見た








ユンギ
なんで、ヘヨンが謝るんだよ
ユンギ
それじゃ
ヘヨンが悪いみたいじゃん…




え、どういうこと?









ヘヨン
…私が、悪いの(泣
あなた

ッ……

ユンギ
違う、お前は悪くないんだよな?
ユンギ
コイツをかばってるんだろ?ㅋㅋ
ヘヨン
…………
ユンギ
…なぁ、お願いだから
ユンギ
“何も悪くない”って言ってくれよ!(泣





そう言った









ユンギさんの頬には




























一筋の涙が流れていた