無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

24'
ユンギ
立てるか?



そう言って、










手を差し伸べてくれる、ユンギさん






あなた

ありがとうございます…//





'




ユンギ
ごめんな、気づいてやれなくて
あなた

…………

ユンギ
この前、
お前の友達が俺のとこに来たよ
あなた

え?

ユンギ
ナムジュン…とか言ってたかな




ナム、、








ナムがどうして?






ユンギ
その時、言われちゃったよ
「これ以上、好きな人傷付けたら容赦しない」
ユンギ
って
ユンギ
その時に、ヘヨンのことも聞いてさ
あなた

そうだったんですか…








ナムが、そんなことしてくれてたなんて










全然知らなかった







ユンギ
お前、愛されてるな
あなた

え、いや…//

ユンギ
俺さ、高校に入ってから
ユンギ
金目当ての女達に囲まれて…
ユンギ
そんな時に、ヘヨンと会ったんだ
あなた

………

ユンギ
ヘヨンなら、
大丈夫だって思ってたのに、
ユンギ
俺、馬鹿だよな…
ユンギ
お前はずっと
俺のそばに居てくれてたのに
ユンギ
本当に、
大切にしないといけないものを
ユンギ
自分から手放すなんて
あなた

ッ………





大切なもの










それって、、私の事?








ユンギ
また、俺は
1人になっちまったよ…ㅋㅋ
あなた

…ち、違いますよッ

ユンギ
え?
あなた

ユンギさんには、
わ、私が居ます!









咄嗟に出た言葉








あれ、私…










何言っちゃってんだ///









ユンギ
…えっと
あなた

あ、今のは
忘れてください…

ユンギ
いや、、、
ユンギ
嬉しいよ
ユンギ
そんなこと言ってもらえて
あなた

え、あ…

ユンギ
散々、お前を傷つけて
ユンギ
最低なことしたって分かってる
あなた

ッ……

ユンギ
それでも、良かったら

















また、





























俺のそばに居てくれないか?