無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

25'






“俺のそばに居てくれないか?”











確かに、そう聞こえた










今の状況に頭が追いつかない





あなた

えっと…

ユンギ
俺は、本気だから






ユンギさんが









私を見つめてくる










その目を見ると










信じてもいいかもしれない










そう思った




あなた

………

ユンギ
返事は、いつでもいいから
ユンギ
いい返事を期待しとく
あなた

…(コクッ





そのまま、ユンギさんは









自分の部屋に帰って行った

















やっと、好きな人と結ばれる











こんなに幸せなことはないと思う















だけど、










ナムは、ユンギさんにあんなことしてまで










わたしを守ってくれた















そのナムの思いを、











簡単に突き放すなんて













そんなこと…できないよ

















あー、私…













どうすればいいの?