無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

出会い
先生
先生
今日は転校生が来ています
あなた

あなたです。よろしくお願いします

先生
先生
じゃあ根岸の隣席な
先生の指差す所を見ると
さっきのイケメンの人だった
あなた

は、はいっ!

席に着くと、早速根岸さん?が
話しかけてきた
ねぎりょー
ねぎりょー
あれ、、、?さっきの子?
あなた

はい、そうです!

ねぎりょー
ねぎりょー
俺、根岸諒みんなからねぎりょーって呼ばれてる。よろしくね!
あなた

よっよろしくお願いします

ねぎりょー
ねぎりょー
なんか敬語じゃぎこちないから、タメでいいよ!
あなた

うん!わかった!

あなた

よろしくね!ねぎくん

それから世間話してると、
あっという間にHRが終わった
チハヤ
チハヤ
ねぎさん、早速女の子にナンパしてるじゃんw
ねぎりょー
ねぎりょー
ちげーし、普通に席隣だから話してるだけだし
フレント
フレント
嘘つくなよ〜
ねぎりょー
ねぎりょー
フレントまで…
もち
もち
まあまあ、自己紹介でもしようや
チハヤ
チハヤ
そうだね!
俺チハヤ、好きなように呼んで!
フレント
フレント
俺は、フレント〜
ねぎりょー
ねぎりょー
フレント!ちゃんと自己紹介しろよw
フレント
フレント
(๑>؂•̀๑)テヘペロ
もち
もち
ワイはもちってみんなから呼ばれてる
仲良くしてな!
あなた

うん!ちーくんにフレントくんにもちくん!覚えた!

チハヤ
チハヤ
あっもう休み時間終わるからあとでね!
あなた

うん!





皆いい人ばっかりだな…
これからの学校生活楽しみだな
なーんて