無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ナナ


家の近くの公園に着いた.









息が荒い呼吸を整えようと深呼吸をしてまっすぐと前を見る。









ナムジュンさんとほそくおっぱ.









そして、ほそくおっぱの仲間さん達3人がいた。









ほそくおっぱに拳銃を向けられる.









不気味に笑うほそくおっぱが私を射抜く.









飛び散る赤い液体と共に身体が傾いた.









ほそくおっぱを残して、人が去っていく。









そして、身体を抱き上げて話した.



















_愛してるよ,
















エンド












と見せかけてまだまだ続きマース













next)