無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

eight


??side









後ろから愛する人を狙って撃つ。









残念だったね、それは私にそっくりの妹.









気づいてくれると思ったのに…









焦ってたの??それにも気づかないなんて.









私はそんなに素直な子じゃない.









倒れた意識が途切れそうなおっぱを抱きしめて目を見て伝える.









これが私よ.おっぱ.









私おっぱを殺したのっ♡









これでずうっと一緒だね、









私のほそくおっぱ.




























…end