無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話



しばらく調べて,違う殺し屋に頼んで殺しはせずに情報を搾り取った.









怖がりで怯えている男性を見ながら、黙々と紙にメモを取る.









衝撃のことがわかった.









おっぱの仲間さん達は









_死んでない.









なら,なんで死んだことになったんだ??









おっぱのことは元々知らないと言っていた。









何故だ.









おっぱは直接会う係だった筈だ.









もしかして…









嘘をついているのか??









だとしたら絶対に.絶対に、



























おっぱを探し出してみせる
















待っててね、おっぱ.


















next)