無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第123話

幸せすぎる悩み。


9月。今年もこの年がやって来た。


色々な雑貨店を見ながら何を買おうかいつも迷う。



「いらっしゃいませ。何かお探しですか?」



探している時に声をかけてくる店員。


こういうのって、1人で考えるだけじゃなかなか決まらねぇんだよな。


晴向
恋人の、誕生日プレゼントを探してます


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


9月12日は雨月の誕生日だ。


俺はこの間誕生日だったから、2人揃って20歳。


お酒が飲める大人になる。


…が、俺はあまり酒が好きじゃない。
20歳になった時、初めて飲んだ酒は美味しいと言えるものじゃなかった。


顔を歪めながら飲む俺の姿を隣で雨月が大笑いしながら見ていたが、あれ以来飲んでいない。


(お酒より…ジュースの方が良いとか言ったら雨月にからかわれるから黙っておこう…)


少し高めのお酒を一緒に飲みながら誕生日を過ごす、というのが大人の誕生日の過ごし方の理想なんだと思うが、生憎それは無理そうだ。


その代わりにと雑貨店に来ているものの、雨月が喜ぶ物がなかなか思い浮かばない。


幼馴染としてずっと側にいて俺があげるプレゼントはなんでも喜ぶが、好みは正反対。


だからかなり迷ってしまう。


雨月は寒がりだからとマフラーやコート、セーターを一緒にお店に行って買ってプレゼントにしていたが、今年は恋人になって1年。
何か特別なことがしたい。


(家で雨月の好きな料理を作るってことは考えているが…)

晴向
うーん…


「お客様と彼女さんは、長いお付き合いなんですか?」



悩む俺に店員が問いかけてくる。

晴向
あぁ、はい。幼馴染で


「幼馴染!素敵ですね。長いお付き合いの方だと…やはりこちらが人気ですね」



見つめる先は、ペアリング。



「最近は刻印もできてとっても人気なんです。ペアリングと聴くと、やはり結婚指輪を想像される方が多いと思うのですが、それはとは違い、気軽に付けることができるのが良い所です。少しお値段は高くなりますが…」



ペアリング…大学でも付けられるし良いかも。


晴向
少し、見てみてもいいですか?


「はい、ごゆっくりご覧下さいませ」



ガラス越しに並ぶ綺麗な指輪達は、どれも綺麗で、雨月はなんでも似合いそうだ。


ありがとうと幸せそうな顔で言ってもらいたい。


(雨月には…クロス型の指輪がいいな)


雨月のことを考えながら選ぶプレゼントはわくわくする。


恋人のことを考える時間はいくらでもほしい__














今回の晴雨は、雨月誕生日回です〜!!
晴向がペアリング選んじゃいます!!良い男だ。
もちろん誕生日えちえち回もあります!!欲張っちゃいますよ。

雛の誕生日は8月23日でした。おめでとう!
来月は楓馬の誕生日です。

今年は雨月の誕生日を祝いますので、皆様12日は沢山祝って下さい〜!!

いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます〜!!

次回もお越し下さい〜!!