無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

狼の幸せな悩み🔞
楓馬
ほら、ゆっくり腰おろして?
んっ、…あっ…
ひなさんに上に乗ってって言ったのは俺だけど、まさか本当にやってくれるとは…やばい…そのまま思いっきり突きたい…。
上に乗るって言っても、対面座位だ。顔が見えないとひなさんも不安だろうし、腕を首に回せるから。
んぁ…はいってきてる…
楓馬
ん、良い子良い子
頑張っている雛にキスをする。苦しいはずなのに、一生懸命舌を絡ませてくる。
キスで力が抜けたのだろうか、楓馬のそれが雛の中に全部入った。
はぁっ…ぜんぶ…はいったぁ…っ
楓馬
ッ…も〜誘ってんの?えっろ…
うごくね…?
ゆるゆると腰を動かす。
楓馬
あ〜、ひなさん上手、気持ちいいよっ
恋人が俺のために動いてくれるのに気持ち良くならない人なんていないだろう。
んっぁ……り…ない
楓馬
ん?
あっ…足りないっ…ふぅっ…くんの奥きてくれない…僕じゃ届かない……からぁっ奥トントンってしてっ
–ズンッッ–
あ"ぁ"っ!!…まって!急にっ!奥ったくさんきちゃうっ!
楓馬
…今のはひなさんが悪いっからねっ
パンッパンッパンッ

思いっきり雛の中を突く。
あっあっ…んぅっだめっ…出ちゃうっっ
楓馬
っ俺もイクから
楓馬
一緒にイこ?…ひなさん…


–大好きだよっ–
〜〜っ!!!やぁっ…あっ!!
ドクンッ


「はぁっ…ひなさん大丈夫?」

「大丈夫だよ…けど眠いかな…」

「ん、いーよ。俺が後はやっとくから」

「ありがとう…僕も…ふぅ〜君大好き…」

「〜ッッ!」








▽▽
「はぁぁぁぁ本当ひなさん可愛いかった〜〜」

雛の目がさめ、溢れた第一声の言葉。

「〜っ!!やっぱり恥ずかしい…」

「恥ずかしいがってる所も可愛い〜」

「っっ!!」

嗚呼、本当に本当に俺は幸せ者だ。






いつも見てくださっている方ありがとうございます…!
エロって難しいですね…思いっきり性癖ぶつけてますが((
次回は雨月と晴向のお話しです。