無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第120話

わがまま、聞いて?*°🔞
沙鶯
はい、あーん
はむっ…ん…!


少し横になった後、すぐに沙鶯が料理の準備をしてくれた。


当たり前のようにご飯が出てくる日はいつぶりだろうか。


風邪を引いた時に食べやすいうどん。
沙鶯が作ってくれた料理。すごく嬉しい。

沙鶯の作ったうどん、すっごく美味しい
沙鶯
それは良かった〜、まぁ一応大学で勉強してるからねぇ


うどんは冷凍のだけどと頭を撫でながら言う。


それでもつぐみの為に作ったのには変わりないから嬉しいの。
うどんの汁は沙鶯が考えたの?
沙鶯
いや、母さんの味をちょっとアレンジした感じ〜。母さんのうどんの汁ってすき焼き風な感じだったんだよね
沙鶯
でもそれだと風邪の時甘すぎて喉にくっ付く感じがして俺的に嫌だったから白だしベースにしたの〜
〜っ!!


(喉が痛いつぐみの為に考えてくれたんだ…!!)


きゅぅぅんっ♡♡


また心臓が締め付けられる感覚。
幸せな証拠。


つぐみの為にありがとう…♡♡
沙鶯
ぅ"っ…やっぱり可愛い…


沙鶯がつぐみの家にいる。
沙鶯がもし家に来てくれたらってずっと考えていた。


夢が現実に変わる瞬間。嬉しいのに、この時間が終わってしまうかもしれないと思うと胸が締め付けられる。





(つぐは我慢しすぎ〜。恋人なんだから、もっとわがまま言ってもいいんだよ?)





前に沙鶯に言われた言葉。


今わがまま言ったら迷惑かな?


でも、今は側にいて欲しい。


我慢ばかりするつぐみは、今日はお休みしよう。


沢山、甘えよう。


沙鶯っ…
沙鶯
ん〜?お茶欲しいですか?
違うのっ…えっと…えっと…
沙鶯
ん?
今日はっ…側にいて欲しいっ…
つぐみのわがまま、聞いてくれる…?
沙鶯
〜っ!


沙鶯の服の裾を掴み、見つめる。


久しぶりのおねだり。


伝わったかな?

…?さおう?
沙鶯
久しぶりにつぐのおねだり聞いたかも。…もちろん、今日はずーっと看病しますよ?でも…
でも…?
沙鶯
その…つぐの部屋にいるってだけで…結構ヤバくて…
やばい…?
…っ!!


(沙鶯、勃ってる…!)


ズボン越しに分かる膨らみ。


余裕の無さそうな顔。こんな顔見たことない。


けほっ…ふぇらしたいのに…
沙鶯
フェ…!?
なんでそんなに驚いてるのっ?
沙鶯
いやっ…つぐ…そういう知識少ないのかなって思ってたから…フェラって言葉知っててびっくりしたっていうか…
っ!つぐみだって大学生の男子だよ?つぐみだってえっちなこと考える
セックスだってしたいもん
沙鶯
っ!そりゃそうか…


目を逸らし顔を赤くしている。


あぁ、風邪じゃなかったら気持ちいいことできてたのかな。


沙鶯
…ごめんつぐ、本当今日は下心あってここに来たわけじゃないから…
沙鶯
…トイレ、借りるね
っ!まって…っ


そんなっ…そんなこと言われたら…


〜っ…つぐみもっ…勃っちゃった…
沙鶯
は!?


意識…しちゃうもん…っ。


ねぇさおう…けほっ…風邪引いちゃったから…セックスはできないけど…
触り合いっこならできるよ…?♡♡
今日のつぐみ、わがままだけど…今日は我慢するのやめたの…
…ねぇ、さおう



ぎゅうっ♡♡


怠い身体を上げ、抱きつく。


今日のつぐみは、いつものつぐみじゃないみたい。






(つぐみ、こんなに性欲強かったかな…)





気持ちいいこと、しよう?


沙鶯といるだけで、新しい自分をどんどん知ることができる。


好きすぎて…どうにかなりそう__














次回は…次回は…!!

初の!!初の!!つぐみ♡乱舞回になるかと…!!ドンパフですよ〜!!

そして、茶々丸さんの寝床(ノート)の方の投稿でつぐみの顔のイラストを載せました。
もしつぐみの顔を想像しながら小説を読みたい!という方がいましたら是非ご覧ください〜!!

次回はつぐみ、とろとろします。

それでは、次回もお越しください〜!!