無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第160話

俺なりの甘え方。**🔞
こた
んっ…♡♡


トサッ__


ゆっくりと琥珀をベッドに押し倒す。


琥珀
っ!今日は積極的ですね?
こた
今日は…俺が気持ちよくする
こた
俺なりの好きを…琥珀に教えるからっ


今日は、俺が琥珀を幸せにする番だ__


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


弱虫なくせに生意気で、おまけに身長も平均より低くて、童顔な俺。


しっかり者で気遣いも出来る、高身長でイケメンな琥珀。


誰が見ても"釣り合わない"2人。


でも、琥珀は俺のこと大好きって言ってくれるし、愛してるも言ってくれる。
俺以外に素敵な人は沢山いるはずなのに、俺を選んでくれた。


琥珀は俺が幸せになること全部してくれている。


…じゃあ、俺は?
俺は琥珀に何かしたか?


自分からキスするのだって、シラフの時はなかなかできない。


甘え方なんて、わからないし、恥ずかしい。


その、"恥ずかしい"という感情だけで何もできていない。


でも、今日琥珀の反応を見て気付いた。


琥珀は、俺が"好き"と言うだけで喜んでくれる。


それがすごく嬉しかった。
俺の言葉で、笑顔になってくれるなんて。


…だから、今から俺なりの好きを伝えるんだ。

こた
おっ…俺の好きは重いからな?
琥珀
っ!もちろん!全部受け取ります♡
こた
っ!…ほんとにほんと?
琥珀
はい、本当です
こた
〜っ♡♡


優しく微笑み頭を撫でてくれた琥珀にきゅんとする。


もっと、その顔が見たい。
余裕のない顔、気持ちよさそうな顔、全部全部見たい。


俺もお前に全部あげるから__
こた
俺の好きを、受け取って…♡♡♡


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽
こた
ん"っ♡ちゅ♡♡…んん♡♡んぐっ♡♡


琥珀のを奥まで咥える。

ゆっくり口を離して裏筋を舐められるのが好きなのは俺だけが知っていること。

こた
ちゅ♡♡…ん"っ♡♡んっ♡♡…ん…ぅ♡♡
琥珀
はっ…気持ちいいですよ…
こた
ん♡♡…っ♡♡


少し熱を持った顔で、余裕のなさそうに頭を撫でられる。



(この顔…好き…♡♡♡)



もっと…♡♡
こた
はむっ♡♡…んん♡♡んくっ♡♡…ぢゅっ♡♡♡
琥珀
っふ…!こたさん、そんなに奥加えられると…っ
こた
んにゃ♡♡…やらぁ♡♡もっとするの♡♡♡
琥珀
〜っ…
こた
んぅ"♡♡ちゅぅっ♡♡んっ♡♡んっ♡♡


(ぁ…凄いカウパー…♡♡♡)


ちろちろと舐め続けると、溢れ出すカウパー。


琥珀が興奮している証拠だ。

こた
んっ♡♡んっ♡♡…ちゅ♡♡
琥珀
っ…出る…!
こた
ん"ん"っ♡♡


ドクンッ__


口いっぱいに広がる琥珀の精液。



(いっぱい出た…♡♡♡)



溢さないように、ゆっくり口を離しゴクリと飲む。


琥珀
〜っ…こたさん〜、身体壊すから飲んじゃダメって言ったじゃないですか〜っ
こた
ん…こはくのだからいいの♡♡えへ♡♡
琥珀
〜っ…可愛いすぎる…
こた
ん…♡♡んぅっ♡♡♡


顔にキスを落とされる。


軽いキスさえも気持ちいい。
琥珀
じゃあ…俺の番ですね
こた
うぁっ♡♡


ゆっくり倒され、服を脱がされていく。


琥珀
胸、凄い立ってる
こた
ぁ"っ♡♡ぅ"ぅっ♡♡…ふぁぁ"っ♡♡♡


(そんなに胸触られたらっ…おかしくなる…♡♡♡)



こりこりと触られるだけでなく、きゅうっと突然摘んでくる。



(えっちな声漏れちゃう…♡♡♡)
こた
っふぅ♡♡♡…っふ♡♡…んんっ♡♡♡


指を咥え一生懸命声を抑えるが、胸の快感で力が入らない。
琥珀
ほら、足もゆっくり広げて?
こた
やっ♡♡恥ずかしいっ…♡♡♡
琥珀
ん〜?それじゃあ、中に挿れることできませんよ?
琥珀
今日はこれで終わりにしますか?
こた
っ♡♡ぅぅ〜っ♡♡琥珀のいじわる♡♡
琥珀
もったいないなぁ…胸だけで終わるなんて…
こた
んにゃっ♡♡ぁぅ♡♡〜っ♡♡その触り方めっ♡♡♡


わざと焦らすような触り方をされ、むずむずする。



(足…広げなきゃ♡♡♡気持ちいいのしてくれない…♡♡♡)



恥ずかしいという言葉が浮かんだ時、ふと数分前の決意を思い出す。



(…そうだ。今日は琥珀に素直になるんだった)



琥珀は、俺がおねだりしたら喜んでくれるかな。
興奮してくれる?
激しく抱いてくれる?
琥珀
ほら、どうしますか?
こた
ぁっ…♡♡♡


琥珀が喜んでくれるなら__

こた
しゅるっ♡♡♡しゅるからぁ…♡♡♡
こた
いっぱい気持ちよくして…♡♡♡
こた
おね…がい♡♡♡


琥珀に全部見せてあげる__


ゆっくり足を広げ、風呂場で解いた中を広げる。

琥珀
っ…くそ、エロすぎだろ…
こた
〜っ♡♡♡


自分の興奮を抑えるためか、がしがし頭をかき、髪をかきあげ息を吐く琥珀。


雄の顔をした琥珀と目が合い、噛み付くようなキスをされた。

こた
ん"♡♡ちゅ♡♡…んぅ"♡♡は…ん"んっ♡♡
琥珀
っは…
琥珀
っぁ"〜…ぶち込みてぇ…
こた
〜っ!!♡♡♡


いつもと違う琥珀の口調に身体全体がぞくりと震える。



(早く挿れてほしい…♡♡♡)

こた
早く挿れて…♡♡♡んっ♡♡♡
こた
俺に、沢山の愛してるちょうだい?♡♡
琥珀
っ…!!


かぷりと鎖骨を甘噛みし、耳元で2回目のおねだりだ__


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


ぱんっ♡♡ぱんっ♡♡ぱんっ♡♡

こた
〜っぁ"♡♡ぁ"っ♡♡んっ♡ぁぅ"っ♡♡


容赦なく奥まで打ちつけられる。


打ちつける時に前立腺を擦られるのが堪らない。
琥珀
っは…中最高…
琥珀
苦しくないですか?
こた
ふぁっ♡♡…らいじょうぶっ♡♡♡
こた
ねっ♡♡こはくっ…きす♡♡♡
琥珀
〜っ…
こた
ん"んっ♡♡♡ちゅ♡♡…んぅ♡♡…ぷはっ♡♡


おねだりをすると、顔を少し赤らめ答えてくれる。


どうだ、甘えん坊の俺は。


かっこよくはなれないけど、可愛くはなれる。


琥珀の可愛いに、俺はなれるんだ。

こた
ん"っ♡♡…んぅっ♡♡
こた
こ…はく…すき♡♡
こた
だいすき、愛してる…♡♡♡シラフじゃない俺も…こはくはしゅき?♡♡♡
琥珀
っ!もちろん、どんなこたさんも好きすぎて抱き潰したくなる…!
こた
ぁ"ぁっ♡♡ぁんっ♡♡ぁっ♡♡あっ♡♡


ばちゅっ♡♡ばちゅっ♡♡


さっきよりも激しく、強く動かされる。



(奥っ…ずっとこんこんして…♡♡♡)
こた
ぁ"っ♡♡はっ…ぁんっ♡♡ぁっ♡♡あっ♡♡
琥珀
っふ…ほら、腰浮いてますよ…っ!
こた
ふぁ"っ♡♡ぁ"っ♡♡やっ♡♡ぁんっ♡♡


気持ち良すぎてやばい、おかしくなる__


腰が自然に浮く腰をがっしりと掴まれ、快感から逃げられない。

琥珀
っ…そろそろイきそうですね?中締め付けてる
こた
ぁぅ"っ♡♡イっちゃうっ♡♡…ぁっ♡♡
こた
ぁんっ♡♡もっ…むりぃ…♡♡♡
琥珀
可愛いイき顔見せてください…よ!
こた
ぁ"ぁ"っ♡♡♡〜っ!!!!


ビクンッ__



前は汚れていない。
空イキだ。

琥珀
っ…締め付けやば
琥珀
可愛くイけましたね、上手。空イキも得意になってとっても可愛いですよ
こた
はーっ♡♡はーっ♡♡…えへ♡♡ほめられたぁ♡♡♡


へらっと笑い、琥珀にの頰に何回もキスをする。

こた
んっ♡♡んぅ♡♡…琥珀のことだいすきだからちゅーしてあげるっ♡♡♡
琥珀
ん…〜っ…可愛いすぎる…


優しく頭を撫でられ、満足だ。



(もっと…♡♡…琥珀に…跡付けたい…♡♡♡)



中に琥珀のを挿れたまま、ぎゅうっと抱きつき、首筋を吸う。
最後にかぷりと噛みつき、当分消えないキスマの完成。

こた
こはくはぁ♡♡
こた
俺の恋人ってしょうこ♡♡♡


付けた跡を指でなぞり耳元で囁く。


琥珀の方に顔を向けると、舌舐めずりをしていた。

琥珀
っぁ"〜、最っ高…
琥珀
抱き潰すぞ…っ
こた
っぅ♡♡…ぁ"ぁ"っ!♡♡…ぁ"っ♡♡ぁっ♡♡ぁんっ♡♡急にはげしっ…♡♡♡


ばちゅんっ♡♡ばちゅんっ♡♡ぱんっ♡♡ぱんっ♡♡ぱんっ♡♡



激しく奥を突かれ、声が部屋に響く。



(もっ…琥珀のことしか考えられない…っ♡♡♡)



ぎゅうっと抱きしめ、琥珀の全てを受け入れる体勢にした時、耳元で囁かれる。











琥珀
愛してる、"こた"
こた
〜っ!?♡♡♡ひぅ"ぅ"っ♡♡♡
琥珀
はっ…!


ドクッ__


中に注がれる熱と、首筋を吸われる感覚。


琥珀の全部、受け取れたかな。
こた
俺も、愛してるよ、琥珀♡♡♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


琥珀
こたさんがあんなに素直なの初めてで抑えられませんでした…
琥珀
はぁぁ…こたさんのえっち…
こた
〜っ…えっちって言うな!


事後の風呂上がり、ベットの中でピロートーク。


さっきまで甘えまくった反動が今きて恥ずかしくてダメだ。


布団で顔を隠す。
琥珀
こんなに素敵なプレゼントまで、俺嬉しいです♡
こた
ん…♡♡


首筋に付けたキスマを幸せそうに触る琥珀は本当に幸せそうだ。


こた
おっ…俺だって…
こた
"こた"って呼び捨てで言われたの…嬉しかった
琥珀
〜っ!!デレこたさん可愛いすぎます〜!!
こた
あだだだ!!!!腰痛ぇよばかぁ!!


今日は、素直になれたと思う。


こんな俺のことを愛してくれるなんて、相当おかしい奴だけど、そんな琥珀が大好きだ。


今日の俺は100点満点__














デレこた回いかがでしたでしょうか…!!
呂律の回らないこた、書くの楽しかったです〜!!

次回はどの子を書くか検討中です。


[今回はお知らせが3つあります〜!!]


まず1つ目は、アンケートについてです〜!!
茶々丸が見た時点で20人も投票してくださっていました…!!0%の枠は無く、うちの子皆が愛されていることを改めて実感しました。ありがとうございます〜!!皆様が好きなcpが知れてよかったです〜!!


2つ目は、茶々丸の私情です。
明後日から3日ほど、入院と手術をすることが決まっており、3日間浮上出来ないかもしれません。退院後は必ずいいね、コメント等は必ず把握し、コメントをお返しします。少しの間待ってくださると嬉しいです〜!!


3つ目は絵本のような小さな幸せを。の1話〜数話を、今の茶々丸の文章力で書き直すかのご相談です。
1話から見てくださる方はご存知の通り、1話から比べ、現在の投稿の文章にかなりの成長が見られると思います。また、書き方が若干違うなど、少々読み返しにくくなっているのでは、と思っており、編集をすべきか迷っている最中です。

もちろん、昔の文章はなるべく変えないようにしますよ〜!!

吹き出しを使わず「」でセリフを書いてある部分の編集は難しいので、その部分は変えません。

是非皆様のご意見、お聞かせください〜!!

アンケートを実施しますので、是非お答えくださいませ。
また、コメント欄にてお答えすることもできますので、コメント等もお待ちしています。


それでは、長くなりましたが今回も楽しんでいただけたのなら幸いです。


いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます〜!!


次回はまだ何を投稿するかは未定です〜!!


次回もお越しください〜!!

アンケート

1話〜数話、今の文章力で書き足し+編集すべき?
書き足し+編集してほしい
15%
今のままでいい
85%
投票数: 53票