無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

隣にいる幸せ。🔞
楓馬
ひな…さんっ…
楓馬
おはようじゃないでしょ〜!?
朝、不思議な感覚で目が覚めた。
布団をめくると俺のを一生懸命咥えているひなさんの姿。

可愛いけど今は違う。風邪をひいていたのに。
んぅっ♡…はぁっ…気持ちよくなかった…?
楓馬
気持ちいいけど…風邪は?大丈夫なんですか?
っ!うん、もうすっかり。まだ喉の痛みはあるけど、他はもう大丈夫だよ!
楓馬
!?痛いならこんなことしちゃだめですよ〜!
風邪引いてできなかったから寂しくて…
楓馬
っあ〜…もう










ギューッ












楓馬
可愛いすぎてどうしよう〜
〜っっ
楓馬
風邪、楽になって良かったです
楓馬
だけど〜
??
楓馬
喉の痛みと、少しまだ微熱ありそうですね。
う、うん…?
楓馬
ということで、風邪が治るまでえっちはしません〜!
っ…!うぅーっ
凄くしょんぼりとした顔をする。

今すぐに抱き潰したいけど我慢。
俺だって恋人が風邪引いてる時に無理なんかさせたくない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜4日後〜


▽▽

楓馬
……
雨月
あれ〜、なんか今日元気ないね?
楓馬
…ひなさん不足〜
雨月
あはっ、楓馬らしい〜
雨月
最近シてないの?
楓馬
…一週間以上シてない〜、ひなさん風邪引いてたし…
楓馬
はぁぁぁ…キスしたい〜…
雨月
多分雛さんも同じこと思ってると思うよ〜
楓馬
そうかな〜…
雨月
絶対そうだって〜
楓馬
まぁ今日は抱き潰す予定だけどね〜
雨月
あははっ、楓馬らしいねぇ
楓馬
あ、じゃあそろそろ時間だから
楓馬
ばいばい雨月〜
雨月
はいは〜い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜夕方〜

▽▽
(ふぅ〜君に会いたいっ…)
風邪もちゃんとしっかり治った。
今日は金曜日で、明日はお休みだから…














早くえっちしたいな…とか思っちゃう。












楓馬
ひなさんっ
っ!ふぅ〜君っ!
風邪、ちゃんと治りました!
楓馬
うん、元気になって良かったです〜
でねっ…えっと…







寂しかった分、甘えよう。





今日は僕とえっちしてくれますか?



ギュッと飛びついて耳元で囁く。
楓馬
〜っっ、もちろんです
楓馬
っあ〜、すみません。余裕いから激しいかも
わっ!
ギュッと腕を掴まれてふぅ〜君の家に連れて行かれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ドアを開けて部屋に入るとすぐにベッドへ押し倒され、噛み付くようなキスをされた。








ふぅ〜くんっ…んっ♡…んぅっ♡…っぁ…ふっ♡
楓馬
…っは……エロ…ここも久しぶりだから気持ちいいでしょ?
ぁ"っ♡…んっ♡…胸っ急にっ…っ♡
楓馬
可愛いっ…
楓馬
あとは〜…ここっ
んぅっ♡♡
ツプッと後孔に指を挿れる。

あっ♡…ふぅくんっ
楓馬
ん〜?
朝っ…シャワー浴びた時に慣らしてきたからっ…
早くっ…♡
楓馬
っ…可愛いすぎでしょっ
あ"ぁっ!♡…激しっ♡…んぅっ
ズンッと奥を思いきり突かれる。
楓馬
はっ……久しぶりだからやっぱりキツイ…けどっ
うぁっ♡
ぐいっと持ち上げられ対面座位の形にされ、そのまま頬を触られる。
楓馬
ひなさんが凄く気持ち良さそうだから大丈夫そうだね?
んぅっ♡きもちいいよっ…んっ♡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


パンッパンッパンッ


激しく腰を打ち付けられて、ふぅ〜君のことしか考えられなくなる。



ぁっ…ぁっ♡…んっ♡……っふ♡
楓馬
っ…ひなさん苦しくない?
うんっ♡…だいじょうぶっ……
楓馬
エロすぎ…んっ
っん♡…ふっ……んっ♡…ぷはぁっ♡
楓馬
ごめんっ…やっぱり余裕ない…っ
そう言うと、片方の髪を耳にかける。











あ……やっぱりこの仕草かっこいい












楓馬
っ…?今凄い中締め付けてきたけどどうしました?
かっこいいなって改めて思ったら中がキュンって…
楓馬
っは…エロっ
ぁ"ぁ"っ♡…おくたくさんくるっ♡…んぁっ♡
楓馬
今のはひなさんが煽ったのっ…
ぁ"ぅっ♡♡…っぅ♡…やらっ…イっちゃう♡
楓馬
ん…いいよ……俺もっ…
ぁ"っ…〜〜っっ!!!♡♡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「……久しぶりのひなさんは無自覚でエロいのが増してた…」


「っ!?そんなに!?」


「いつもより声大きかったし〜…」


「それはっ…ふぅ〜君のが気持ち良かったからっ」


「〜っ、今のも無自覚?」


「今の…?〜っ!!!!」


「あははっ、顔真っ赤ですよ〜」


「も〜っ!!」



風邪を引いた時は無理をせずに、我慢して待てばもっと気持ちよくなることを学んだ雛。







(もっとふぅ〜君に甘えてみようかなぁっ…)





それから雛の可愛さが増して大変になったのはまだ先の話。














やっと終われました…!!
こはこたが終わったら次は晴雨を書きます。
ゆったりゆったりです。
いいね、お気に入り登録、コメントとっても嬉しいです。ありがとうございます!
次回も会いましょう!