無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

どんな君も愛おしい。*°
こた
ふんふ〜ん♪
やっとお昼だっ


昼食の時間、こたと一緒にご飯を食べる。


叶わない恋する宣言をしてから数週間、沙鶯へのアタックも続けているけど、なかなか攻略は難しい。


こたは恋のライバルであり仲良くなった友達。
つぐみが告白しても断られるのに、沙鶯はこたにいつも告白してる。こたが羨ましいけど、こたは応援してくれるから好き。


沙鶯はこたのことが好きって言っているけど…もしかして…


ねぇこた
こた
ん?なんだ?
沙鶯とセックスしたことあるの?


沙鶯がこたのことを好きになった理由が分からなくて、変なことを聞いてしまう。


(体の相性が良かったから好きになったのかな…)


つぐみが1番に抱かれたいとか思っちゃう。


こた
んがっ…!?…ぁぁぁ!!サンドイッチのツナが殆ど落ちたぁぁぁ!!
こた
するわけねぇだろぉ!?琥珀がいるし!!
っ!そうだよねっ…良かった…これツナ落ちた変わりにあげる


はい、とお弁当のハンバーグをあげると幸せそうに頬張る。


こた
うま…これ鶇が作ったのか?
うんっ、お料理も昔からさせられてたから覚えちゃった
こた
色々と大変だったんだな…
こた
とにかく、俺は沙鶯に一方的に迫られてるだけだ。何もしてないぞ?鶇も頑張るなぁ
だって好きだもんっ


こたと何もシてないってことはつぐみにもチャンスがあるってことだ…!!


つぐみだって可愛いって言われるように頑張らなきゃ…!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


講義後、早足でサークルの教室へ向かう。
沙鶯は皆より少し早めに集まっているから、お話できるチャンス。






ガラッ__


ドアを開けると大好きな人の姿が目に入る。

っ!さおう!
沙鶯
ん?あぁ、つぐみさんお疲れ様です
沙鶯もお疲れ様っ!
つぐみさんじゃなくて"つぐ"って呼んで欲しいっていつも言ってくれるのに…
沙鶯
その言葉は将来の恋人に伝えてください〜
む〜!!つぐみは沙鶯しか好きじゃないもん…!
つぐみは沙鶯が好きなの
沙鶯
…俺はこたさんが好きなんですよ?
うん、知ってるけど好き
沙鶯
この会話何週間も続いてますよ〜
諦めないもん


あはは…と苦笑いをされるが、諦めない。


つぐみの気持ちを理解してくれるまで、頑張るから。




でも、もし…


…もし、女性と付き合って将来子供がほしいって気持ちになったら教えてね?その時はつぐみ沙鶯の願い叶えられないから


つぐみは男だから子供は産めない。


だから沙鶯が子供が欲しいって思った時は本当の失恋だ。


沙鶯
…そんな顔しないで下さいよ〜
沙鶯
俺は男以外恋愛対象じゃないです
…!


ぽんぽんと頭を撫でられる。


どきどきっ


嬉しい、嬉しい。つぐみのこと慰めてくれた、頭を撫でてくれた。


それだけでも嬉しくて、幸せで。


やっぱりつぐみ沙鶯のこと大好き〜!
沙鶯
わっ…うーん…俺の話本当に聞いてるのかな?


むぎゅーっと抱きつくと、困った顔で撫でてくれる。


そんな沙鶯の姿も愛おしくてたまらない。


沙鶯
俺と付き合って何がしたいんですか?
えっとね!ぎゅーってハグしてほしいし、ちゅーも沢山したいっ!デートだってしたいしお泊まりもしたいし…
あとっ…やっぱりセックスも…
沙鶯
沢山ありますね〜
えへへっ!沙鶯といつかするんだから!!


まだまだ沙鶯との距離は遠いけれど、お話しできる仲にはなった。


少しずつ、少しずつだけど進んでいる。


これからも頑張らなきゃ__







今は誰も知らない未来まであと110日__










なかなかガードの強い沙鶯…!!見ててなんだこいつ〜!って思う方もいるかもしれませんが、少しずつですが距離は縮んでいるので、見守ってくださると嬉しいです〜!!茶々丸さんなら鶇に告白されたら一生貢ぎます、お菓子沢山あげちゃいます。そして鶇はキスのことをちゅーって言ったりします、可愛い子です。
次回はこはこたです!!
いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます〜!!

いいねが1000超えました…!オリジナルの創作BLでこんなに見てくださる方ができるなんて思ってもいませんでした。嬉しいです。いつも見てくださってありがとうございます。これからも頑張りますので、宜しくお願い致します…!!

次回もお越しください〜!!