無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

今があるのは。


実家に帰った時、一枚のアルバムを見つけた。


僕が小さい時の写真や、お母さんと写ってる写真が綺麗に保存されている。


楓馬
あぁぁ〜、雛さんの小さい時可愛いすぎです〜
えへへ…小さい時はお母さんが沢山お洋服買ってくれてたなぁ


そのアルバムを自分の家に持って帰って、ふぅ〜君と一緒に見ながら思い出を語る。


楓馬
…ひなさんのお母さんは…亡くなったんですよね…
うん、僕が小学生の頃。楽しい思い出しかないや〜
楓馬
…お話し、聞いてもいいですか?
えっ?
楓馬
その…ひなさんのお話し…聞きたくて。恋人だから昔のこと聞きたいですし
っ!いいよっ。ふぅ〜君には僕のこと沢山知ってほしいから
楓馬
っ!じゃあ早速教えて下さい〜


ぎゅーっと後ろから抱きしめられる。


じゃあお母さんのお話しから__


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


僕のお母さんは自分の夢を叶えて楽しい人生を過ごしていた。
子供が大好きだったお母さんは若い頃は保育士をしていたらしいんだけれど、ピアノの講師になりたいと言う気持ちもあり自分の本当にやりたいことは何かと考えた時、子供ともお話しすることもでき、ピアノを弾くことのできるピアノの講師に転職することを決めたらしい。


それが25の時。


お母さんは保育士だったこともあり子供との触れ合いが得意で、話も合うからと慕われていた。


僕が産まれる前からレッスンに来ていた生徒は僕が小学3年生になった時もずっと来ていたし、親の転勤で引っ越さなければならなくなった生徒は先生とずっと居たいって泣くくらいだった。




『ねぇ雛、雛は何になりたい?』


ひなはね!お母さんみたいになる!


初めての夢はお母さんみたいになること。
ピアノの講師になりたかった。


『え〜?お母さんみたいになるの?結構大変だったよ?』


けれどお母さんは苦笑いして応援はしてくれなかった。
きっとその時から自分が将来ピアノを教えてあげることができないって知っていたから。



▽▽


お母さんは料理も大好きで、レッスン中に遊んであげれないからとその分沢山美味しい料理を作ってくれた。


『今日は何食べたい〜?』
今日はかぼちゃさんがはいったグラタンが食べたい!

『丁度かぼちゃあるから作っちゃおうか!』



かぼちゃがたっぷり入ったグラタンは大好物だった。


玉ねぎを炒めて牛乳を加え、コンソメで味を整えたクリームソース。
中にはマカロニ、きのこ、コーン、ベーコン、そして頬いっぱいに頬張れるホクホクのかぼちゃ。
最後にたっぷりとチーズをかけてオーブンでチーズが溶けるのを待つ。


その時間も楽しみで…


『〜♪〜♪』


料理をする時に楽しげに鼻歌を歌うお母さんを見るのも大好きだった。











そんな幸せな毎日が変わったのは僕が5年生の頃。










突然お母さんが倒れたのだ。
お母さんは持病持ちで、お父さんに僕に病気のことを言うのを口止めしていたらしい。



『あはは…ばれちゃったかぁ。ごめんね雛、お母さんもう家に帰られないんだって』

そんなのいいから!元気になってよ…っ




余命3ヶ月。


その言葉の意味は詳しく分からなかったけれど、お母さんと会えなくなるということだけは分かった。


それでもお母さんはいつも笑顔で…毎日学校帰りに通うとニコリと笑って抱きしめてくれた。



『お母さん、雛が笑った顔の方が好きよ?』

だって…


『も〜、ほら雛』


んむっ…


むぎゅーっと頰を握られる。


その手は暖かくて…大好きなお母さんの手。


『毎日少しの時間しか会えないんだから、お母さん雛の笑った顔が見たい〜』


『笑ってくれないと…こちょこちょするぞ〜!!』

あははっ!お母さんくすぐったいよっ


少しの面会時間。


楽しかったこと、友達と喧嘩したこと、小さな出来事でも沢山話した。


そんな僕の姿を見てお母さんも笑ってくれて…本当に幸せな時間だったな…。











そんな毎日を過ごして半年__











お母さんは6ヶ月も元気に過ごして亡くなった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


お母さんのいない毎日、お母さんのいない病院。


悲しかった。
もっと話したいことがあったのに…卒業式だって来て欲しかった。


一緒にお母さんと買い物をしている子達が羨ましい。


…ただいま


静かな部屋の明かりをつける。


お父さんは仕事で忙しくて夜遅くに帰るから鍵っ子だった。


いつものようにランドセルを机に置こうとしていた時…








雛へ__



お母さんの字で書かれた封筒が置かれていた。



っ!


急いで封を開け、中身を確認すると一冊のノートと手紙が入っている。


お母さんから…



雛へ

この手紙を見てるってことは、お母さんいないってことだね?
ごめんね、側にいてあげられなくて。雛は優しくて心配性だからお母さんが病気のこと言ったら学校行かずに看病するとか言うかと思ってなかなか言えなかったの。
でもね?言わなかった分本当に楽しい毎日を過ごせた。幸せそうにお母さんの料理食べてくれる雛の顔、友達と喧嘩をして頰を膨らませて帰ってきた時の顔、可愛らしく笑ってくれた時の顔。あんな顔、お母さんが病気だって知ったら見せてくれなかったでしょ?
楽しい毎日を本当にありがとう。雛はお母さんの自慢の子よ。
もうすぐ雛は6年生かぁ。本当はお母さんもね、小学校の卒業式、中学、高校の入学式だって行ってあげたかった。
…っ……


少し滲んでいる紙。


きっとお母さんは泣きながら書いたのだろう。




__お母さんはいなくなったけど、雛がお母さんのこと思い出してくれるように色々考えて…お母さんが今まで作ってきた料理のレシピを残すことにしたの。
唐揚げに春巻き、少し難しいけどピザの作り方、あと雛の大好物のかぼちゃのグラタンの作り方だって書いてある。
他にも沢山書いてあるよ。後から見てみてね。
それじゃあ。お母さん、ずっと雛のこと応援してるからね。
雛の笑顔は皆を笑わせてくれる。素敵な笑顔よ。自信を持って?
最後に…



自分の本当に好きなことを見つけた時、雛は曲げずに頑張れるはず。


小さな幸せを見つけながら毎日を大事に過ごしてね。


お母さんより。
おかあ…さん…っ


ぼろぼろと溢れる涙。


会いたい、会いたい、会いたい。
お母さんと話したい。美味しい料理を食べたい。





もっと…









生きて欲しかった__










こんなに泣くのは初めてだ。





その日は夜遅くまで泣いたなぁ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


それからお母さんのノートで料理の勉強して…
今はお母さんの味大分再現できてるよっ
楓馬
…っ
んっ…ふぅ〜くん?


お母さんとの思い出を話した後、ぎゅうっと思い切り抱きしめられた。


楓馬
そんなことがあったなんて知らなくて…
楓馬
本当に…ひなさんは努力家ですね
ふふっ、ふぅ〜君が側にいてくれるから今も頑張れるんだよ?
楓馬
嬉しいなぁ…ねぇひなさん、ひなさんはピアノの講師になりたかったって言ってましたよね?ならなんで保育士に…?
それはねっ、もう一度自分が好きなことを考えてみた時にお母さんの生徒の姿を思い出したのっ
幼稚園の子も習いに来てて、その子のお世話をしたんだけど、その時に楽しくて…
それで子供が好きなのかなって気づいて、そこから子供の魅力にどんどん惹かれていっちゃって〜
いつのまにか保育士を目指すようになってたのっ
楓馬
俺たちが出会えたのもお母さんのおかげですね〜?
っ!確かに!お母さんがピアノの講師じゃなきゃ子供が好きって気づかなかったしっ


お母さんはふぅ〜君とも出会わせてくれた。


お母さんには感謝しかない。


楓馬
あ、今日はひなさんが言ってたかぼちゃのグラタン食べてみたいなぁ〜
ふふっ、じゃあ作ろうかな〜っ
美味しいの作るからねっ!



トントンッ


一口大に切ったかぼちゃは電子レンジで柔らかくなるまで温めて、その間にベーコンやきのこを切っていく。


玉ねぎときのこを炒めて、牛乳とコンソメ、薄力粉を混ぜてクリームソースを作る時は良い匂いが広がるから好き。


最後に茹でたマカロニとベーコンをソースに混ぜ、耐熱皿に流してから温まったかぼちゃとベーコン、チーズをたっぷりのせてオーブンに入れる。
〜♪〜♪


この鼻歌は…お母さんがいつも歌っていた曲。



『雛も好きな人ができたら、料理を作る楽しさがきっと分かるよ〜。幸せそうに食べる姿を見るとこっちまで幸せになっちゃうからっ』

っ!


ふと思い出したお母さんの言葉。



『お母さんは雛のことが大好きだから美味しいグラタンが作れるの〜。いつか好きな人できたら紹介してね?』




お母さん…僕…僕ね?
好きな人できたよっ…
僕の好きな人はねっ?優しくてかっこよくて…
僕の料理…幸せそうに食べてくれるのっ



ぽろ……ぽろ。


お母さんのことで泣くのは久しぶりだ。


思い出す小さな頃の記憶。
ひぐっ…おかあさんのおかげ…っ
お母さんのおかげでふぅ〜君にも出会えたのっ…
ほんとに…ありがとうっ…っぅ…
楓馬
…ん?ひなさん…!?なんで泣いてるんですか〜!?
…ふぅ〜くんっ


ぎゅーっ!!


大好きっ!!
楓馬
〜っ!?
これからもずーっと側にいてくれますか?
楓馬
ふふ、もちろん〜


お母さんはもういないけれど、お母さんのノートを持ってるから、これからもお母さんのことは絶対忘れないよ?


僕にも守りたい、ずっと側にいたいって思う恋人ができました。


お母さんの気持ち、少しずつ分かってきたよ__








100話カウントダウン1話目〜!!
雛の少し悲しくて暖かいお話しでした。
お母さんの料理ノートは宝物です。
次回もふぅひなです〜!!まだどのネタ書くか迷い中です。
いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます〜!!
次回もお越しください〜!!