無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

俺なりの可愛い。**


土曜日、わくわくしながら用意をする。


こた
財布にスマホ、ハンカチ…っと


荷物をカバンに詰めるたびに心が弾む。


1日中琥珀を独り占めできるのだ。


俺以外に見せない優しい笑顔、無邪気に笑う顔、真剣な顔。


今日はどんな琥珀が見られるのだろうか。

琥珀
こたさん〜、そろそろ行きましょうか
こた
っ!ちょっ、ちょっとまって…!


(ヤバい…!まだ服着替えてねぇ…!!)


久しぶりのデート。
いつもの大学に着て行くような服装はなんか…違う気がする。


デートなんだし、"可愛い"って思われてぇじゃん?
琥珀
?わかりました〜


(昨日の夜…何を着て行くか迷ったなんて言えねぇ…)


俺と琥珀の部屋は一応あり、レポートを書く時や勉強を集中してしたい時、服を着替える時とかに使っている。


昨日はその部屋にこもりがさがさと服を選びまくっていた。
こた
(ほんと…遠足の前日にはしゃぐ子供みてぇ…)


自分でもわかってるけど、それでも楽しみなものは楽しみだし。


服…かぁ。


過ごしやすいという理由で基本的にスポーティな格好が多い。


服のことなんて意識したことなかったのに琥珀といると「可愛いです」、「抱きしめたくなる」って…言われたいと思うようになって…



こた
っだぁぁぁ!考えてたら何にもできねぇ…!
こた
当たって砕けろ俺!!


意を決していつかデートで着ようと決めていた服を手に取る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽▽

−数十分後−



ガチャ__



扉を開け、玄関へと向かう。

琥珀
こたさん〜?準備できました…か…
こた
おっ…おぅ…〜っ


琥珀の前に立つと目を見開いてこちらを見てくる。


やっぱおかしい…?変なのか…?


スポーティな服をいつも着ている俺が来なさそうな白色のゆるっと着れる半袖のシャツと黒のスキニー。
それだけだと寂しいからお気に入りの腕時計をつけて、動きやすいようにショルダーバッグを斜めにかけた。

こた
ごめっ…やっぱ似合わねぇよな…ちょっと着替え直して…
琥珀
……いい…
こた
え?
琥珀
かわ…いい…!!可愛すぎですこたさん〜!!♡
こた
わっ…!…んっ♡♡


ぎゅうぅ!!♡♡


思い切り抱きしめられ、キスをされる。


琥珀
俺とのデートの為にお洒落してくれたんですか?
こた
〜っ…悪いかよ…
琥珀
いいえ、とっても嬉しいです♪
琥珀
じゃあ行きましょうか?
こた


可愛いって言われた。


嬉しい…嬉しい…!


良かった…琥珀が喜んでくれて。


今日がもっともっと楽しみになった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


久しぶりに来る大型ショッピングモール。


こた
いつ来ても広いな〜
琥珀
そうですね〜っ。ここならきっとこたさんに似合う服沢山ありますよ


自動ドア抜けるとクーラーの効く涼しい店内。


あたりを見渡すとお洒落なカフェに目的のフラペチーノが飲める場所などが沢山ある。


ショッピングモールはいつ来ても飽きないもんだ。

琥珀
早速二階行きましょ〜っ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


琥珀
こたさん!これ可愛いです〜!
琥珀
あっ!この服も…!!
琥珀
この服も絶対こたさんに似合う〜♡
こた
おいおい!?自分の服選びに来たんじゃねぇのかよ!?
琥珀
こたさんのも選びたいんです〜!!
こた
〜〜っ!


二階に行くと洋服店がずらりと並ぶ。


その中で琥珀のお気に入りというお店に入ると、俺に服を当て幸せそうに俺の服を選び始めた。

こた
こんな服っ…俺に似合うか…?
琥珀
っ!似合いますよ!こたさんは可愛いんですから、もっと自信もっても良いんですよ?
こた
〜っ♡あ…ありがと
琥珀
それよりっ、これ着てみてください♪


はいっ、と渡されたのは白いTシャツとチェックのワイドパンツ。


こた
へぇ〜、最近は男子もワイドパンツ履くんだな
琥珀
そうですね〜、街中でも見かけます
琥珀
絶対こたさんに似合いますよ♡
こた
じゃあっ…着てくるからそこで待ってろ
琥珀
はい…♪

▽▽


更衣室に入り、琥珀に渡された服を着る。


(似合ってるか…?)


自分だと分からないから少し不安。


でも…琥珀が似合うって言ってくれたから…




こた
こっ…琥珀…
こた
似合ってる…?


更衣室の扉を開け、見つめる。


琥珀
ぅ"っ
こた
っ!?なんだよその声!?
琥珀
すいませんっ、天使が目の前に現れたので息が止まりかけました…
琥珀
かっ…可愛い…可愛いすぎです…
琥珀
写真撮っていいですか?
こた
〜っ♡♡


カシャカシャカシャ


連写で何度も写される。


琥珀
はぁぁぁ…こんなに似合うなんて…これ買いましょう…俺が買います…!
こた
えっ、申し訳ねぇよ!俺が買うからっ
琥珀
いいえ!俺が買いますから!!
琥珀
いつもこたさんには奢ってもらってるので次は俺が払わせてください!!
こた
そっ…そこまで言うなら
琥珀
〜♪


琥珀は俺の為に沢山のことをしてくれる。


そんなの…嬉しすぎるに決まってんじゃん。


こた
琥珀っ…!
琥珀


今日は頑張って素直になる…!!


こた
ありがとうっ…だっ…大好き!!
琥珀
〜っ!?こたさん!?


ぶわぁぁぁっと顔を真っ赤にさせ慌てる琥珀。


なぁんだ…可愛い所もあるじゃん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


他にも何着か買ってもらってしまった。


あんなに琥珀が幸せそうな顔するなんて。


(たまには…お洒落もいいかもな…)


他にもいいお店はないかと歩いている時

こた
ぁっ…


キャップ帽が並んであるお店を見つけた。


白に黒、今の流行りのカーキー色の帽子。


これ…琥珀に似合うかも。

琥珀
どうしましたか?
こた
あのっ…そこの帽子、琥珀に似合うなって
琥珀
帽子かぁ、そろそろ暑くなるのであったほうがいいかもしれませんね〜
こた
っ!見てもいいか…?
琥珀
いいですよ♪


琥珀になら全部似合いそうだ。


黒でも似合うなぁ…あ〜でも、白も絶対似合う…。



(っ!あっ…このメーカー色違いの種類多いな…)


こた
琥珀っ、この帽子被ってみろっ
琥珀
ぉ…わかりました。……これでどうですか?
こた
〜っ…すげぇ似合ってる…!


ブラウン系の帽子が1番似合うな。


ぁ…この薄いクリーム色の帽子俺が被ったらお揃い…なーんて。


こた
見てっ…俺がこのクリーム色の帽子被ったら
こた
琥珀とお揃いだなっ!


帽子を被り笑顔で見つめる。


琥珀
うぐっ…!
こた
いやだからなんだよその声!?
琥珀
可愛いすぎだ…もう…ぁぁ…可愛いすぎる…
こた
〜っ


あぁ…楽しいな。


この帽子はプレゼントしよう。


そんなことを考えていた時









「…琥珀?」


「琥珀だよな…!うわ〜!久しぶり!!高校ぶりだな!」


琥珀
っ!久しぶり!
こた
?友達か…?
琥珀
はいっ、高校の時仲良かったんです


数人の男子に囲まれた。


琥珀の友達らしい。


高校の時も人気だったんだな〜。









「えっと…隣の方は…?」




こた
っ!


一斉に俺を見つめる。


そういや…琥珀なんて答えるんだ…!?


こっ…恋人とか言ったら琥珀が…っ


……っでも友達って言われたら悲しいな…。


(琥珀…なんて言うんだ…?)












今回はここまでです〜!!

いちゃいちゃデート編!!いちゃつくホモは大好きです。

今回の回はこたが可愛い回でした。こた推しの方大喜びですね✌︎✌︎

次回は同級生との会話どう乗り越えるか琥珀くん回と、水族館回を書きます〜!!

いいね、お気に入り登録、コメント、スタンプありがとうございます〜!!

次回もお越しください〜!!