無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

好きになるって我慢すること?


お泊まり保育実習も終わり、禁欲期間8日目になっていた。


子供は大好きだから、お泊まり保育の2日間は性欲より楽しい方が勝って禁欲期間のこと忘れていたし、このままあと少しもなんとかなると思っていたけど…







–キャンプサークル宿泊日–




雨月
っ…


晴向は近くにいるのに誘えない。
近づいて口説くこともできない…。


いつもなら俺が誘ってそういうことするのに…誘うのも禁止だからそういうことも言えなくて…。
今はキャンプで離れて行動するからなかなか話せないし。


(自分で決めたことなのに自分が一番我慢できてないじゃん…)


晴向は余裕そうだし、他の女子や男子と話している。

雨月
俺だけ見てほしいのに〜
琥珀
もしかしてまだ我慢してるんですか?晴向さんから聞きましたよ
雨月
っ!そうそう〜。けど晴向すっごい余裕そうで


むすっとしている時に琥珀に話しかけられた。


頑張って禁欲はしてるけど、晴向が余裕そうで他の女の人と話してるのは嬉しくない。
雨月
てか、俺なんかと話してていいの〜?こたの所にいつも行くのに
琥珀
行きたいですよ〜っ…でもこの間がっつきすぎてキャンプの時も何かしたら許さないって言われておさわり禁止令が出てるんです〜っ
琥珀
だからその代わり遠くからこたさんの写真大量にとってるんですよ♪


ほら、とスクロールして見せてくる写真達。


(こたはこんなに愛されてるんだなぁ)
琥珀
まぁ…俺がどうこう言う立場ではないんですけど…晴向さんもかなり我慢してると思いますよ?
雨月
そうかなぁ
琥珀
大丈夫ですよ、心配なら今日話してみるのもいいと思います。お互いの気持ちを伝え合うことができるのも恋人同士の素敵な所です
雨月
ん、アドバイスありがとう〜雨月さんがよしよししてあげるよ〜
琥珀
おっ…ありがとうございます…?


なでなでと頭を撫でていた時、こたにギュッと腕を掴まれた。

雨月
ん?こた〜?
こた
えっと…なんて言うんだ…その…
こた
琥珀の頭撫でるのは俺の役目って言うか…その…あの…
こた
琥珀は…とらないで…くれ…っ


顔を赤くし不安そうな目で見つめてくる。


(あ…これもしかしていちゃいちゃしてると思われた?)


雨月
ごめんごめん。琥珀に相談乗ってもらってお礼に撫でてただけだよ〜?
こた
そっ…そうなのか…?良かったぁ…
琥珀
〜っ…こたさん…可愛い…可愛いすぎです…
琥珀
俺が取られたと思って嫉妬したんですよね?
こた
〜っ…うるせぇ
雨月


琥珀はこたを愛していて、こたも素直に伝えることはできないけれどちゃんと愛を伝えていて…



羨ましいなぁ…なんて。



雨月
あれ、そういえば話聞いたけどおさわり禁止なんじゃなかったっけ?
こた
っ!!そっ…そうだった…!!今のは俺の早とちりだったから良いとして…
こた
琥珀!まだお前は触っちゃだめだ!
琥珀
え〜っ…旅行から帰ってきて寂しくて3回連続でシただけじゃないですか〜っ
こた
そう言うの人前で言うんじゃねぇよ!?
琥珀
焦ってるこたさんも可愛い〜っ
こた
うぅーっ…


羨ましいなぁ…こういうの。


俺たちはお互いを知り尽くしてるから、何をすれば喜ぶかとか、何が好きかとか全部知ってるし、物をあげた時の反応は大体予想がつく。


でも…琥珀やこたはまだ知らない相手の姿を見ることができている。


きっと晴向は俺のこと信頼してるからこその行動なんだろうけど…俺だって嫉妬するんだからね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


キャンプと言えばキャンプ飯も楽しみの一つ。


キャンプサークルが俺たち料理サークルを誘ってのキャンプを開催したのは本格的なキャンプ飯を食べたかったからなのだろう。


誘ってくれたお礼に早速料理に取り掛かる。

沙鶯
雛さん、料理上手ですね〜
ふふっ、お母さんのおかげなんだ〜っ


雛さんは優しくて料理もできて…。
誰からも愛される。


楓馬は手芸サークルに入っているから今回の合同キャンプに来れないから襲われないかって不安にしてたなぁ。


皆恋人から愛されているのがわかる。





『え〜っ!晴向君めっちゃ料理上手〜!!』


『かっこよくて料理もできるってほんと何者!?』



沢山の女子に囲まれて調理をしているのは晴向だ。
晴向
まぁ、一応料理の勉強をしに来てるからな
雨月
っ…


ズキズキ…


この気持ちは嫉妬だって知ってる。


あんまり女子には近づいてほしくないし、触れられてほしくない。


料理をする時の腕、指先、真剣な顔だって俺だけが見ていたい。


(女子と仲良く話してる姿なんか見たらさ…結構気になるじゃん)


晴向と女子が仲良く話している姿を見るのが耐えられなくてその場から去ってしまう。


こた
雨月?どこいくんだ?
雨月
ちょっと休憩。トイレ行ってくるだけだから〜
晴向


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽


静かなトイレへと向かう。


雨月
はぁ…あはは、こんな所晴向に見られたら面倒くさがられるや


晴向はあっさりしてるから…世話焼きなのに案外面倒くさいことが苦手なのは知ってる。


"幼馴染"だから、全部知ってる。


だから迷惑かけない方法だって知ってるから。


大人になって…好きになるって…我慢すること?

雨月
昔はなんでも言ってたのになぁ〜



▽▽


–中学時代–


帰り道、よく一緒にコンビニへ行っていた。




雨月
あ〜っ、それ俺も買いたかったのに晴向ので売り切れじゃん〜
晴向
本当だな…俺も今日はこれが食べたい気分なんだよ
雨月
今日に限って〜…む〜っ…


俺たちの好きな食べ物や好みは違っていたのに、なぜか"気分"はいつも同じだった。


今日は炭酸が飲みたい気分、アイスが食べたい気分。


だから良くコンビニで行く時は同じものを買うことが多かった。


けれど毎回被ると売り切れている場合もあって…


そんなの時は俺がわがままを言うことが多くて…晴向をよく困らせていた。




けど…


晴向
はぁ…いいよ、その代わり一口くれ
雨月
っ!ありがとう〜っ…やっぱり晴向は優しいや
晴向
俺は雨月の笑ってる顔が好きだからな
雨月
あはっ、いっつもそれ言う〜


晴向はいつも俺に譲ってくれた。




でも…




俺がわがまま言う時は嫌な顔せずに譲ってくれるのに、学校で他の男子が頼みごとをすると面倒くさそうな顔をする。


その時気がついた。


俺は幼馴染だから許されていただけで、本当は面倒くさがられていたのだろうと。



▽▽



"幼馴染"だから相手のことはなんでも知っている。


でも"幼馴染"だからこそ苦しい時はある。






雨月
面倒くさがられるなんて…1番嫌だ…
晴向
お、いた。どうしたそんな所でしゃがんで
雨月
っ!ひゅう…が…


昔のことを思い出していた時、後から追いかけてきた晴向に話しかけられた。
晴向
突然いなくなったから心配で…ほら、行くぞ
雨月
っ…晴向は女子と話してたじゃん?俺なんか気にしないで先に行っててもいいよ?
晴向
?雨月も行けばいいだろ、一緒に話そう…
雨月
っ…それじゃあ面倒くさがられるから…
晴向
面倒くさがられる?誰に?
雨月
ぁっ…


つい口に出してしまった。


どうしよう…これで言わなかったら面倒くさがられるじゃん…。


雨月
いやっ…あはは…ごめ…


頑張って誤魔化すけど、晴向にはばればれだ。


雨月
とにかくっ…行ってもいいから…
晴向
…そんな顔してんのにほっとけるわけねぇだろ
雨月
ぅ…ぁ…


優しく顔を上げられる。


なんで…なんでさぁ、こういう時にいつも俺のこと気遣ってくれるの…。


晴向
誰に面倒くさがられるんだ?
雨月
…ひゅう…がに…
晴向
え、俺?


こくりと頷くと、自覚がないのか困った顔をする。


晴向
なんでそう思ったんだ?
雨月
同級生とかと話してる時とか…面倒なことあると嫌そうな顔してる時あるから…
雨月
俺…さっきの女子に嫉妬して…でもそんなこと言ったら晴向に面倒くさがられるかなって…
雨月
だから…っ!って…今の俺も面倒くさいよね…ごめ…っ




ギュッ







優しく抱きしめられる。


晴向
…ごめんな、俺のことで悩ませて
晴向
雨月は俺のことなんでも知ってるからって自分の都合で信頼しきって…でもそれで逆に雨月のこと悩ませてたんだよな…
晴向
あとは…まだ禁欲中だから雨月のこと襲わないように他の奴と話して気を紛らわしてたってのもある…雨月が嫉妬してたなんて気づかなかった
雨月
っ…
晴向
あ〜…くそ、だせぇな俺…


俺を不安にさせないように優しく背中を撫でてくれる。

晴向
…俺は雨月といる時に面倒くさいなんて思ったことないし、同級生には…雨月を狙ってるやつが多いからその嫌そうな顔?してたんだと思う
雨月
俺は…面倒くさくない?
晴向
何回も言ってるだろ?俺が愛してるのは雨月だけだ
雨月
〜っ!!


心が満たされていく。


晴向といるだけで心が暖かくなって…。


雨月
ありがとう晴向、もう大丈夫
雨月
あんな素敵な愛の告白されたら機嫌直すに決まってんじゃん〜♪
晴向
良かった…やっぱり雨月は笑ってた方がいい
雨月
あと少しだね?
晴向
そうだな


今日は晴向に自分の気持ちを沢山伝えることができた。


これからは少しずつわがまま言ってみようかな…なんて。


晴向の首に腕を絡めてから耳元で囁く。

雨月
今日、俺沢山嫉妬したんだから2日後解けるまで慰めてよね
雨月
とろけるくらい気持ちセックス、しようね?
晴向
っ…そのつもりだ


あと少し…あと少し。



禁欲解除まであと2日__












思っていた以上に文字数が多くなってしまい、皆様も見にくいと思ったのでえちえちやめました…ごめんなさい。
次回は禁欲解除回です。えちえちです。必ずえちえちにします…えちえちえち…


そして、茶々丸さんのことや作品投稿情報、茶々丸さんの描いたイラストが見えるノートを新たに投稿しました。


茶々丸。の寝床。というタイトルです。


あちらでは沢山の人と気軽にお話ししたいと思っています〜!!
沢山きてくださると嬉しいです〜!!


いいね、お気に入り登録、コメント、スタンプありがとうございます〜!!


次回もお越しください〜!!