無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第119話

お薬ちょうだい?*°

8月下旬、夏真っ只中。


熱い道を歩きながら気付くいつもと違う自分の体温。


身体が怠くて、ふわふわした感覚。


風邪引いちゃった。


歩くと少しふらつくし、息を喉が痛い。


沙鶯
ん〜、夏風邪だねぇ…長引くやつだ
けほっ…沙鶯にうつっちゃう…
沙鶯
ん〜?俺のことは気にしないで。つぐの体調が1番だから
〜っ♡♡…沙鶯すき…♡♡
沙鶯
ん、俺も大好きだよ〜。だけど今日はゆっくりお休みしよう?
うんっ


優しい声がけに暖かい手の温度。


ふらつくつぐみのことを支えてくれる腕。


沙鶯がしてくれることは全部大好き。


でも…今日は家で寝なきゃ。もっと沙鶯と居たかったのに…。

はっ…
はっ………
沙鶯
ん〜?



__



は…くしゅんっ
くちゅんっ
沙鶯
〜っ!?


こんな体調じゃ沙鶯に迷惑かけちゃう…。


沙鶯
っ!…熱があるかも。そのまま帰ろうか、夕方作るよ
ん…さおう、ありがとうっ


ぁ…そういえば…


ねぇ沙鶯
沙鶯
何〜?



ぎゅっと腕に優しく抱きつきながら囁く。




沙鶯がつぐみの家に来るの、初めてだね?
沙鶯
〜っ!!
ふふ、沙鶯の顔真っ赤っ
沙鶯
〜っ…看病ことだけに集中してたのに…つぐ…わざと意識させたでしょ?
ばれちゃったっ


初めて家に来てくれた日は、そういう雰囲気になってシたかったけど、今日はできない。


だから気持ちだけでも意識させたいでしょっ?


つぐみはつぐみなりに可愛いくなる練習中っ……けほっ
沙鶯
っ!…今日は可愛いくなるの中断。この調子じゃもっと体調悪くなるよ?
ぅぅ〜っ…
沙鶯
薬も買わないとだね〜
薬…


お母さんがもしもの時にって沢山の風邪薬を持たせてくれた。だからお薬のストックはあるけど…



つぐみにとって1番のお薬は…




……ぉぅ
沙鶯
ん?
つぐみのお薬は、沙鶯なの


沙鶯の笑顔、声、その姿を見るだけでつぐみは元気になれる。

ねぇ沙鶯、お薬ちょうだい?
沙鶯
〜っ…わかった。つぐが早く元気になれる薬あげるからね?
ん…♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽▽


ガチャ__バタンッ


カバンどこに置いてもいいからね…けほっ
沙鶯
うん、ありがとう。お邪魔します〜


つぐの身体を支えながら家に入る。


部屋に入った途端つぐの匂いが広がる。


(匂いだけでもやばいかも…っ)
ここの扉開けたらリビングだよっ
沙鶯
了解〜


ムラッ…


(今は看病しに来たんだからそういうこと考えない…考えない…)


あぁくそ、俺のムラムラ治れ…。

どうぞ、上がって
沙鶯
おじゃましま……す……








あぁ、俺の理性持たないかも。










ドアを開けた途端、可愛いらしいぬいぐるみ達と目が合う。






ただいま、 "くまさん"


ぎゅうっとくまを抱きしめ、つぐが呟く。


可愛い…すぎる。


くまのぬいぐるみとつぐ。一緒にくっついて可愛くならないわけがない。
沙鶯
くまさん?
うん、くまのぬいぐるみの"くまさん"。つぐみぬいぐるみ大好きなのっ。沙鶯と一緒に寝る練習くまさんとしてるのっ


よいしょ…と、ぬいぐるみのくまさんを抱きしめ布団に入り、ぎゅっと抱きしめて俺を見つめてくる。

くまさんは沙鶯役っ
沙鶯
っ可愛いすぎる〜…
ん…♡


つぐの額にキスする。
風邪でしんどいだろうにふにゃっと笑って幸せそうにキスをした所を触る。


もっとちゅーしたいのに…こほっ…
沙鶯
っ!ほら、水飲んで?喉が痛いでしょ?
ん…


ペットボトルの水をコクコクと一生懸命飲む姿はとても可愛らしい。


なんでこの可愛さに早く気づかなかったんだ…。


沙鶯
ねぇつぐ、この目の色が違うくまのぬいぐるみ達にも名前がついてるの?
っ!うんっ、右から社長、課長、店長って名前っ
沙鶯
凄い名前…。ぁ…この緑色のくまのぬいぐるみの名前は?
っ!その子はっ…


緑色のぬいぐるみを見つめると、かぁぁぁっと顔を赤くする。


名前…ついてないの
沙鶯
え?
あの…ね?…沙鶯と初めて出会った時の帰り道、雑貨店に寄ったの。そしたら、沙鶯の目の色ににたこの子見つけて…沙鶯に似てるなって思って買っちゃった
だから…名前をつけるなら…さおう…かな?
沙鶯
〜っ…


可愛い、その言葉しか出ない。


俺の語彙力どこ行った…。


日に日につぐ溺愛ゲージが上がりまくっている。


沙鶯
じゃあ…俺と再開する前からずっとこの子を見て俺のこと思い出してたの?
〜っ…うんっ…だって…つぐみ、沙鶯に一目惚れしたんだもんっ
沙鶯
あ…はは。まって、すっごい嬉しいのに恥ずかしいや…


俺、愛されてるなぁ。


つぐの仕草を見るたびに可愛くて堪らなくなる。


好きになって良かった。今はもう迷いもなく言える。


くしゅんっ!…けほっ…
沙鶯
っ!ごめん、話しすぎたね。喉大丈夫?今おかゆ作るから、それまでゆっくり寝ててね?
ん…♡はぁい…♡


今からは俺が頑張る番。


今日は"彼氏"としての大事な役目。


大切な恋人を看病する番だ。










次回はもしかしたら、さおつぐ初のえちえちになるかもしれないです…!!ドンパフドンパフ!!

つぐみはぬいぐるみが大好きです。お母さんに無理矢理持たされたくまのぬいぐるみでしたが、抱きしめると暖かく静かに話を聞いてくれるぬいぐるみが大好きになりました。

他にもねこのぬいぐるみの"にゃんにゃん"、うさぎのぬいぐるみの"らびくん"、パンダのぬいぐるみの"ぱんだ先生"がいます〜!!名前つけるなんて可愛い奴だ。

いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます!!

次回もさおつぐです。次回もお越しください〜!! 

−お知らせ−

最近、茶々丸さんのプリ小説の通知でコメントが届かない時があり、焦っています。
もしコメントが届かなくても、気づいたらすぐに返信しますので安心してください。