無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

プレゼントは僕です。🔞
「おっ、やっと見つけた。楓馬、誕生日おめでとうな〜、はいこれ」


「ありがとう〜」


「……イケメン様はプレゼントの量も多くて大変ですねぇ?」


大学を出る前、鈴木がプレゼントを渡しながらカバンの横に置いていたプレゼントが入っている紙袋を見る。


「俺もびっくりしたよ〜、ここ来た途端に皆がくれるから」


「うわ〜、リア充怖い…朝から探してもぜんっぜん楓馬いないから焦ったぞ」


「逃げてました〜……ってことで、今日はひなさんが家で待ってるらしいから帰るね〜」


「お〜……ほどほどにな?」



今日はひなさんが色々用意してくれるらしくて、7時に来てとのことだった。


(何してくれるんだろ〜)


一緒に帰れないのは少し寂しいけど…。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

**


(楓馬は凄いよな〜、高校生の時からの恋実らせるんだから)


歩きながら、鈴木は考える。


…恋かぁ、とため息をついてしまう。



「あっ…あの、こたさん…ですよね?」


「ん?…あ!文化祭の時の!」


「はい!あの時はありがとうございました!」


大学の前で話しかけてきたのは、こないだの高校生だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(自分の家にひなさんが先にいるって新鮮だ〜)


家の近くまで来た時に実感する。
明日は休みだから、明日の夕飯にご馳走を作ってくれるらしい。今日は夜遅くなっちゃうから、と可愛い夜のお誘いを頂きました。可愛いでしょ?


「ただいま〜」


ガチャっとドアを開ける。
10月になった途端日が落ちるのがすごく早くなった気がする。玄関には電気が付いていたが、なぜかリビングには電気が付いていなかった。


(寝ちゃってるのかな?)


リビングのドアを開け、カチッと電気をつける。


「ひなさん〜帰りました〜……あ"?」














「おっ……おかえり、ふぅ〜くんっ」













「誕生日おめでとうっ……えっと…プレゼントはこのくまのぬいぐるみと…」
















「僕です…っ……受け取ってくれますか…?」












「っ!!」


…可愛いすぎ。
ドアを開けた途端、俺の大きめの秋セーターをズボンを履かずにすっぽりと着てソファに座っていた。その姿だけでも勃ちそうだったのに、俺色のくまのぬいぐるみを抱いて首にくまと同じリボンをして上目遣いで見つめくるものだから勃つものが完全に勃ってしまった。



「…受け取るにきまってるじゃん」
っ!…んっ……んぅ…っぅ♡
噛みつくようなキスをする。
楓馬
っは……いただきます
…ひぁっ♡…胸っ…急に…あっ♡
セーターを上にあげて、雛の突起を触る。
俺によって完全に開発された胸を触るたび可愛い反応をする。
楓馬
可愛いすぎでしょっ……ん
んっ♡…ふっ…ぁ…んぅっ♡…はぁっ♡
はーっ♡はーっ♡
楓馬
キスと胸触っただけでもうとろとろ…
…気持ちいいからっ…
楓馬
っあ〜、ほんとエロい…
〜っ♡…ここ、もう解いたから…
(早く挿れて?)


耳元でおねだりされる。
挿れないわけないじゃん。











ズンッ!っと思い切り奥を突く。
あ"っ♡…っ!!♡…ぁぅ♡
楓馬
っ!締め付け凄っ…
ぁ"っ♡…ふぅくんっ…すきっ
大好きだよっ♡…あっ♡
楓馬
えっろ…俺もだよ、愛してる
〜っ♡♡
パンッパンッパンッっと腰を動かし続ける。
あっ♡…そこっ、ふぅくんの当たっていいっ
楓馬
ん〜?ここ?
っ♡ふぁ♡…そこっ♡
楓馬
っ、じゃあ沢山突いてあげる
あ"っ♡んっ♡……っふ…んぅっ♡
腰の律動は止めずに深くキスをする。
舌を入れると頑張って絡み返してくれるひなさんはほんとうに可愛い。
はぁっ♡…もっ……イッちゃう♡
楓馬
っ……いいよ…あ、最後に俺のって後付けてもいい?首筋噛みたいっ…
んっ♡…いいよっ♡…ふぅくんのって印付けて?
楓馬
っ!!









–ガリッ–










〜っ!!♡あ"っ♡
楓馬
っ…はっ
首筋を噛んだ時、思い切り中を締め付けられて達してしまった。ひなさんも噛まれてイッたようだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「…ひなさん、首筋大丈夫?」


思い切り噛みすぎたから心配する。


「少しひりひりするけど、大丈夫っ……ふぅ〜くんのものって感じがして嬉しいから…っ」


「〜っ!!可愛い〜っ!」


ギュウッとひなさんに抱きつく。


「えへへっ…ふぅ〜くん、誕生日おめでとう、これからも側にいてもいいですか?」


「もちろんですよ」



次の日、雨月と買い物に行った事と、目撃した時の場面の説明をしてもらい、イライラが治ったけど、ムラムラが増しました。
本当に幸せな誕生日だったよ、ありがとうひなさん。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


番外編


攻めさんと、受けさんに聞いてみた、色々な質問。

–夜のお誘いは、どう誘っていますか?–



楓馬

「俺は、キスしてひなさんがとろとろになったら、"今日いいですか?"って誘ってます〜」




「僕は、"しちゃだめ?"って誘ってるかなっ…そしたらふぅ〜くんいっぱいキスしてくれるっ」


晴向

「俺は…深いキスになったら"抱くぞ"って言ってるな…もちろん雨月も乗り気」


雨月

「俺はね、キスした後"今日もいっぱい奥突いて?"って言ってる〜…それからフェラして晴向の美味しいせーし飲ん….」


「…おい、それ以上はやめろ」



琥珀

「俺は"抱いていいですか"かな、こたさん凄く赤面するんだよな」


こた

「俺……"気持ちいいのする?"って……言ってる……」



鈴木こた、優勝。












楓馬の誕生日回でした!!!!
ほんとうにおめでとう!!そして質問編という短編物を書いてみました。登場人物が質問に答えてくれます。時間があったら、ストーリー終わった後の最後にちまちま書こうかと…!!
質問頂けたらその質問をキャラに書くこともしようかと思っています。
琥珀とこたはまだえちえち書いてないですが、あんな誘い方です。こたエロいです。
いいね、お気に入り登録ありがとうございます。次回もよろしくお願いします〜!!