無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

休憩がてらキャラ設定〜!!
天ノ 雛あまの ひな

大学3年生。保育園の先生を目指して日々勉強中。
4年間片想いだった楓馬と無事恋人同士になった。

母の家事をする姿に憧れ炊事、洗濯、掃除なんでも出来るようになった。
母は雛が小学生の時に亡くなっており、父は仕事ばかりしていたため雛が家事を出来ることを知らない。出来ると言っても嘘だと思われている。そのこともあり、友達に自分の作ったお弁当を食べてもらい、喜んでくれる姿を見るのが好き。


子羊 楓馬こひつじ ふうま

大学1年生。雛と同じで保育園の先生を目指している。
4年間片想いだった雛と無事恋人同士になりとても幸せ。

昔から子供が大好きで、保育園の先生になりたいと思っていたが、高校時代は男が保育士になるのはおかしいと笑われていた。皆から馬鹿にされて夢を諦めようとした時出会ったのが雛。
雛は笑う所か自分と同じ夢をもつ楓馬に喜んでくれた。
そこから少しずつ雛に恋していることに気づく。


凪乃 秋季なぎの あき

大学3年生。雛の同期

大学1年の時から雛仲良くなった。雛が楓馬のことが好きなことはずっと前から気づいていた。ずっと前から気づいていたからこそ2人の距離感が焦ったくなり、悪役を買った。
世話焼きで友達思い。
同級生の春兎が好き。春兎とは小中学までの幼馴染。年上の春兎のことをめちゃくちゃに犯したいと思っている
駄菓子が好き。



鳴狐 春兎なぎつね はると

大学4年生。おじいちゃん、おばあちゃんっ子。父と母は毎日喧嘩ばかりでまともに世話をしてもらったことがなかったため、柄の悪い高校生だった。が、祖父母はそんな自分を大切に育ててくれた。祖父母は和菓子屋を営んでいたが、高校1年の秋に祖父母が亡くなり店も潰されそうになった時、自分が店を継ぐと言い張った。そこから死にものぐるいで勉強し無事大学に進学。大学に進学してからは少しずつ和菓子について勉強中。秋季とは幼馴染。秋季といないと落ち着かないことを自覚しているが、それが恋とは気づいていない。

秋季 攻め

春兎 受け

世話焼きクール男子×元ヤン甘え下手男子 です!