無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第141話

俺たちのクリスマス。1
雨月
えーっと…


鳥もも肉に、片栗粉、牛乳にマカロニ…


メモに書いた材料を買い物カゴに入れていく。

晴向
冷凍のエビとチーズもあったぞ
雨月
ありがとう〜


クリスマス料理の準備真っ最中。


クリスマスの料理も2人で作るのが毎年のお決まり。
付き合っていない時も、こうやって2人で買い物に行って料理していた。

雨月
今思うと晴向って凄いよね〜
晴向
何がだ?
雨月
ん〜とね、俺と付き合ってなかった時から好きだったんでしょ?
雨月
俺それ知らなくて普通に寒い時は抱きついてたし、間接キスとかもしてたし〜
雨月
よく勃たなかったなって


買い物カートを押しながら、耳元で囁く。

晴向
〜っ…雨月…ここ店だぞ…
雨月
照れてる照れてる〜♪


焦る晴向の反応に満足し、へらっと笑うと優しく頭を撫でてくれた。

晴向
好きな人の前でかっこつけたいって思うだろ
晴向
雨月が好きだから我慢してたんだよ
雨月
んふふ、やっぱり晴向はかっこいい〜


俺の為に我慢してくれていた。


"俺が好きだから"


それだけでも嬉しくて、愛されてるなって感じる。

晴向
ほら、袋持つから


こういう、気遣いのできる所だって好き。


醤油とか砂糖とか、重たいものが入ってる方の買い物袋何も言わずに持ってくれるんだよ?


すっごいかっこいいじゃん。

雨月
晴向って俺のことすっごい好きだね?
晴向
好き以外の答えなんてねぇよ
雨月
ふふ♪


普通だと照れる所でなんの躊躇いもなく言ってくれるその言葉が嬉しい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽

雨月
ただいま〜


キッチンにドサッと荷物を置き、背伸びをする。


コートを脱ぎ、手洗いをしてから早速ルームウェアに着替え寒さ対策はばっちり。


冷え症で足先は冷えるから、普通の靴下ともこもこのルームソックスを二重に履いて、首元には部屋用のネックウォーマーを着けて、身体はぽかぽか。

雨月
ん〜♡暖かい…


晴向に可愛いって言われたいから、少し頑張って外ではもこもこの服を着ないのは俺だけが知ってる些細な努力。
晴向の隣には、お洒落で素敵な恋人が似合うでしょう?


些細ながらお洒落を重視している部分は誰かに褒めて欲しいくらいだ。


雨月
さぁて…料理の準備しないと…
晴向
…その前に、こっちこい
雨月
わっ…


後ろから抱きしめられ、そのままソファーに座る。

晴向
雨月補充…
雨月
〜っ♡


(かっ…可愛い〜っ)



普段の晴向とは違う、少し甘えん坊な姿にきゅんとする。


雨月
ふふ、晴向にエネルギー全部取られちゃいそう〜
晴向
じゃあ俺のエネルギーやるよ…っ
雨月
んっ♡♡…んぅ♡♡…ちゅ…は♡♡…んん♡♡


舌を入れてキスをする。

雨月
はぁっ♡♡…エネルギーって…キスしたいだけでしょぉ?♡♡
晴向
バレたか
雨月
ふふ、ひゅうがだぁいすき♡♡
晴向
俺も好きだよ


自然に愛を伝え合えるって良い。


ぎゅうっと抱きしめれば、その分抱きしめ返してくれて心も身体もさっきより何倍も暖かい。
雨月
補充はできましたか〜?
晴向
大分できたけど…
晴向
後でもっと補充するからな
雨月
あはっ、今日も気持ちいいことたぁくさんしようね♡


わざとリップ音を立ててキスをする。


少しいちゃいちゃしてから、気を取り直して料理開始だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▽▽

雨月
晴向〜、グラタンどう?
晴向
良い感じだ。あとはチーズ乗せて焼くだけ
雨月
流石〜♪
晴向
手作りのチキンも美味しそうだな
雨月
だねぇ〜、美味しそう。クリスマスチキンも手作りできるもんだね


2人でてきぱきと作業を進める。


今年はクリスマスチキンも手作りにしてみようと、色々なレシピを調べていた。
その時に見つけたのが、唐揚げみたいにコロコロと鶏肉を切って、味付けし、コーンフレークを衣がわりにまぶしてあげたお肉。


市販の物に頼らなくなって美味しいもは作れる。

晴向
手作りだと、自分好みのタレが作れるから良いよな
雨月
わかる〜、味変できるのは最高〜
晴向
じゃあ俺今からタレ何種類か作るから、肉揚げるのよろしく
雨月
はいは〜い


揚げているお肉を箸で焦げないように転がしながらちらっと横を見る。



(横顔もかっこいいなんて…ずるい男だ〜)



膝の手前まで袖をあげているから、腕の筋もくっきり見える。


首元の少し刈り上げてる所から見える首筋だって、男っぽい。



(今日は首筋にキスマ付けちゃおうかな〜♡)



何も付いていなかった晴向の綺麗な首筋に、赤い色が付いたら周りはどんな反応をするだろうか。

雨月
まぁどんな反応されても、晴向が俺のこと溺愛してるって知ってるし〜♪
晴向
ん?なんのことだ?
雨月
晴向が好きすぎるって話♡
晴向
〜っ…あ〜、くそ、雨月のそういう所まだ慣れねぇ…


ぱっと口元を隠し、顔を隠す。


そういう、案外純情で、"恋愛"っていうのが初めてって反応も好き。

雨月
あはは、いつになったら慣れてくれるの〜?
晴向
わかんねぇ…


すとんとしゃがみ、顔の火照りを覚ます為に顔を逸らす姿だって好き。


かっこよくて、可愛いくて、少し不器用な俺の恋人。


だけど、ちょっと悪戯したくなっちゃう。


雨月
晴向の、そういう初々しい所も好きだよ〜?
雨月
あとね〜


隣にそっとしゃがんで、耳元で囁く。


雨月
スマホの検索履歴も初々しくて、好き♡
晴向
っはぁ!?…雨月っ…見てた…のか…
雨月
ぷっ…あははっ!


焦り出した晴向の反応に、声を上げて笑ってしまう。


この間、スマホを開いたままソファーで寝ている晴向のケータイをこっそり見てしまった。


その時、丁度検索画面が出ていて気になって覗いてしまったのだ。


中身を覗くと…









恋人 可愛いすぎる
赤面しない方法
クリスマス 恋人 プレゼント
クリスマスプレゼント 恋人 人気
恋人 毎日ペアリング付ける 心理
事後 筋肉痛 マッサージ方法
恋人 中出し お腹大丈夫








俺に関する関連の検索が沢山出てきた。


ご丁寧に気に入ったサイトに飛べるようにコレクション登録しちゃってる。


嬉しくて寝ている晴向に沢山キスしたのは内緒ね?

雨月
ペアリング付けてる心理って…あははっ
晴向
もう笑うな…恥ずかしくてヤバい…


心理なんて、考えたことがない。


俺はただ、晴向がからもらった婚約指輪同然のペアリングを、ずっと身に付けたかっただけ。


雨月
本当に、俺のことが好きですね?
晴向
はい……好きです…


今日は俺の勝ち。



晴向は照れてダサいって思ってるかもだけれど、俺はどんな晴向だって大好き__












今回も話が長くなりましたが!!来週は!!必ずえちえちに繋げます〜!!

晴向の検索履歴…可愛いすぎませんか〜!?こいつは純情だ!!身体は男だが心は純粋なんだぜ!!と心の中で叫びながら書きました。

晴向の検索履歴を見て、ニヤついた方、いるのではないでしょうか…むふふ。


そしてお知らせが…!!更新ぐだぐだな茶々丸ですが!新たに小説を開拓しました〜!!



こちらです〜!!

タイトルの通り、瓶に詰めたようにぎゅっとストーリーが詰まっている小説です。
1、2話で完結します。

BLのお話しだったり、友情のお話しだったり、家族のお話だったり…自分の性癖を沢山詰め込みます。

ので!!こちらの小説の古参の方はご存知かもしれませんが!!本当に昔、一度オメガバースの小説書きてぇ!と言っていたことが茶々丸あったのですが、覚えていますでしょうか…?
そのオメガバースの作品も、この小説で1、2話完結の短編集として書こうと思っています〜!!

1話目は、吸血鬼と人の子の一生を描いた家族のお話です。是非ご覧ください〜!!

いいね、お気に入り登録、コメントありがとうございます〜!!

次回も晴雨です!!

次回もお越しください〜!!