無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🔇
汐恩
汐恩
「んなあ」
え、鶴房さんから個チャ来たんだけど
えこわ
あなた
「はい…?」
あなた
「どうしました…?」
汐恩
汐恩
「お前が無理やり俺たちの仲入ってきたんやろ」
あなた
「え?」
汐恩
汐恩
「景瑚君から誘うわけないやろ」
あなた
「え、え?」
汐恩
汐恩
「え?じゃねえよ。俺ら女とは話したくねぇの 勝手に入ってくんな」
あなた
「い、いや、景瑚から誘ってきた…んですけど」
汐恩
汐恩
「呼び捨てとかうざいわ。は??景瑚君から?」
あなた
「うん…」
汐恩
汐恩
「うぜえ…お前と喋ってたらイライラするわ」
汐恩
汐恩
「そんな言葉が通用するわけないから。景瑚君に翔也に俺。まあ近ずきたくなる気持ちは分かるけど、景瑚君を理由にするやつは無理。花火大会の前にさっさと消えろ」
汐恩
汐恩
「二度と俺たちに関わるな」
え??え??
やばいやばい…え…
あああああああもう。

やっぱり私なんかが…


















断ろう。……ごめんねけーご。











楽しみにしてたのに、、