無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🔇
-しょーや🐰さんがグループに参加しました-
-あなた_さんがグループに参加しました-
景瑚
景瑚
「3人集まったね〜」
翔也
翔也
「しおん遅いね」
あなた
「まあ気長に待ってようよ。明日だし」
景瑚
景瑚
「でもじっくり話した方が良くない?」
あなた
「まあ確かに」
翔也
翔也
「ちょい僕、グルチャ報告してくるっす」
あなた
「はーい」
景瑚
景瑚
「はいはーい」
ー数分後ー
-つるぼ。さんがグループに参加しました-
景瑚
景瑚
「遅いぞ〜」
汐恩
汐恩
「すいません!!ちょっと部活があって!」
翔也
翔也
「しおん、すみませんだよ」
景瑚
景瑚
「どっちでもいいわ!!笑」
景瑚
景瑚
「部活ならしょうがない!今もう家?」
汐恩
汐恩
「あ、はい」
景瑚
景瑚
「OK〜!じゃあ始めようか!」
翔也
翔也
「今度川野さん既読つかなくなったけど」
景瑚
景瑚
「入れ違いしてる〜!!」
あなた
「あ、ごめんごめん!!」
汐恩
汐恩
「始めましょ」
鶴房さんはすこし怖いな…話したこともないし…
景瑚
景瑚
「何時に集合する?」
あなた
「花火は何時からなの?」
景瑚
景瑚
「まって確認してくるんご〜」
翔也
翔也
「了解〜」
汐恩
汐恩
「あいっす」
あなた
「はーい」







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
景瑚
景瑚
「戻った〜!7時だって!」
あなた
「じゃあ6時か6時半頃がいいと思う」
翔也
翔也
「僕もそれぐらいがいいと思う」
汐恩
汐恩
「どっちにする?」
景瑚
景瑚
「ん〜、…6時!」
あなた
「了解〜」
翔也
翔也
「わっかりましたー」
汐恩
汐恩
「はい」
景瑚
景瑚
「で、えーと?あとなにかある?」
あなた
「無いかも笑」
翔也
翔也
「数十分で解散笑」
汐恩
汐恩
「持ち物は各自でいいですしね」
景瑚
景瑚
「うんうん。ほんとにもう解散だね笑」
あなた
「じゃあ明日の準備して寝ますね〜笑」
翔也
翔也
「僕もいっぱい食べてねま〜っす!」
汐恩
汐恩
「うい」
景瑚
景瑚
「じゃあ!かーいさーん!」