無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🔇
(鶴房側で行きます)
隣の人なんでどうでも良かった
はやく席替え終わんねーかな
眠…
24番
ここかーー
隣は、………あなた…
俺が悪かった、心でそう言っておく
あなたのことを疑っていたから
自分から言おうとしても君は怒って口も聞いてくれない
だから1人で言ってるしかないんだ
挨拶ぐらいはするか
汐恩
汐恩
よろしく
あなたはお前か……って顔だった
俺で悪かったな
どうしたら仲直りしてくれるかななんて思ってたりもする
汐恩
汐恩
あのさ
何言ってるんだ
喋るつもりなんてないのに
汐恩
汐恩
この前はごめん
なにしてるんだろう
なにがしたいんだろうか
あなた
うん…!大丈夫…!!
無理やり笑っている
こんなに優しい子なのになんで疑ってしまったんだろう
胸がギュッとなって痛くなる
罪悪感でどうにかなりそうだ
汐恩
汐恩
ありがと
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
ー下校時ー
翔也
翔也
しおん!!景瑚君!!帰るよ!
景瑚
景瑚
うん!!
汐恩
汐恩
ちょ!!まって!先生にプリント出し忘れたから出してくる!!先行ってて!!
景瑚
景瑚
おっけえ!気をつけて帰ってね!
景瑚
景瑚
あなた!ばいばい!!
あなた
あ!!けーごっ!!ばいばい!
翔也
翔也
あなたちゃんばいぶぁい
あなた
ばいばーい!
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
はあ……先生見つけんのに時間かかっちゃったなあ
めんどくせー…
トイレしたくなってきたわ笑
行ってから帰るかな
前を通ったその時
大声が隣でした
??「ふざけてんじゃねえよ」
どうしたんだろう