無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

🔇
昨日は1人で帰った
普段から1人で帰ってるけど、昨日はなにかいつもと違かった
分かった























皆が私を見る目が違うんだ
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
皆冷たい目で見てくる、逆に、景瑚に皆優しい気がする
昨日から、隣の席の人としか喋っていない
何かあるなら言えばいいのに
何回思ったことだろうか…
??「ねえねえ」
誰だろう?振り返った
その人は
翔也君だった
翔也
翔也
ちょっとさ、誤解だと思うんだよね。
翔也
翔也
だからちゃんと話したい
あなた
え??
翔也
翔也
多分分かってないだろうと思うから、1から説明するね
あなた
うん
私と翔也君は、誰も居ない所に移動した
そうすると、翔也君は話しだす
翔也
翔也
一昨日3人で帰って、その次の日、昨日の朝に事件が起きたんだ