無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🔇
あなた
「ごめん翔也君」
翔也
翔也
「ん?どうしました?」
あなた
「私やっぱり花火大会行かない…」
翔也
翔也
「え!?!?」
あなた
「ごめんね、…」
翔也
翔也
「え、なんでですか?」
汐恩君が…と打とうとしたが
汐恩
汐恩
「景瑚君を理由にするやつは」
人を理由に…しちゃだめだ…
あなた
「ちょっと…用事ができちゃって…」
翔也
翔也
「川野さん」
あなた
「うん?」
翔也
翔也
「景瑚君が、どれだけ楽しみにしてたか分かりますか?」
あなた
「え?」
翔也
翔也
「すっごく楽しみにしてたんですよ。」
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
景瑚
景瑚
断られたらどうしよ。
景瑚
景瑚
浴衣着てくれるかな〜?笑ぜっっったい似合うよ!!それで、ニコって笑って欲しい!!やばい、僕死ぬわ
景瑚
景瑚
あなたちゃんしおんと仲良くできるかな〜?まあしょーやいるしね!任せたぞ!!
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
翔也
翔也
「って。」
翔也
翔也
「景瑚君、女の子とこんなに仲良くなること無いんですよ」
翔也
翔也
「ちゃんと話したのも川野さんが初めてです」
あなた
「すみません。…」
なんでこんなこと言っちゃったんだろ……。




けーごが楽しみにしてたの知ってたのに
ごめんね。けーご
翔也
翔也
「でも。」
?
翔也
翔也
「僕知ってるんです」
あなた
「え?」
翔也
翔也
「しおんですよね?」
あなた
「え、知ってるんですか?」
翔也
翔也
「はい。そこのところは任せてください」
あなた
「あーもう翔也君最高です」
翔也
翔也
「そろそろ4時になるので、準備して楽しんできてくださいな」
あなた
「ありがとうございまsって知ってるんですか笑」
翔也
翔也
「そら愛知ズなんで」
あなた
「いつもどうり意味わからないです笑行ってきます!!」
翔也
翔也
「はい!😆👍」
翔也君ありがと