無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

🔇
(純喜君目線です)
あの日
花火大会の日
君にあった
眩しくて、とても可愛かった
でも、俺と仲がいい後輩と2人で歩いていて……
すぐに察した
仲がいい後輩は、一目惚れした後輩のことが好きだって
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
きっと2人は、付き合って、お似合いだって言われる
それをただ見ているのか??
いや、そんなことしたくない
すこしでも跡を残したい
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
サッカーがうまくいかない時があって、すごく落ち込んだ
誰かに助けてもらいたくて、励ましてもらいたくて、好きな人を呼んだ
泣いてしまった
情けない、これでも男、支える側やで
でも、君は、そんな俺を優しくしてくれて、やめないでと言ってくれた
ああ……君の全部が好きだ…
優しいところ、
可愛いところ、
面白いところ、
立ち向かって、ちゃんと向き合えるところ、
素直なところ、
全部
俺のせいで、皆と仲が悪くなってしまった
きっと君は俺なんて嫌いになったよね
なにしてるんだろう
やはり相談してきてくれた、
勘違いされちゃったと
その方がいいとか、きもいことを言った
何言ってんだろ、俺…笑
君には、どう頑張ってもつり合わないよ