無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

289
2020/09/07

第22話

22話
昨日のことが頭から離れない…
桜坂さんとの「キス」


今にも思い出しただけで頬を赤くしてしまう


ガラガラと教室に入る…
女子生徒
女子生徒
あっ昨日の…
男子生徒
男子生徒
やばいよな…ヤンキー怖
ひそひそとそんな声が聞こえる…
昨日の喧嘩のことか…
甲田浩
甲田浩
おはよー和樹
黒沢和樹
黒沢和樹
はよー
甲田浩
甲田浩
さっきから昨日のことばっか話してるんだよなぁ…
甲田浩
甲田浩
ま…和樹が喧嘩売った訳じゃねーし
黒沢和樹
黒沢和樹
助けただけなんだよなぁ
甲田浩
甲田浩
ほっとこうぜ
黒沢和樹
黒沢和樹
そうだなぁ
その時「ガラガラ」と扉の開く音がした
そっちに目線を向けると桜坂さんが立っていた
桜坂梅蕾
桜坂梅蕾
間違えて2年生のプリントが3年生の所にきていたので届けに…
女子生徒
女子生徒
あの…何で黒沢と付き合ったんですか?
桜坂梅蕾
桜坂梅蕾
え!
黒沢和樹
黒沢和樹
ちょっ何聞いて
急にクラスの女子生徒がそう質問した…
桜坂梅蕾
桜坂梅蕾
黒沢さんは優しくて、誰よりも相手の事を考えてる人なんです。
桜坂梅蕾
桜坂梅蕾
そんなん彼が大好きなんです。
フューフューと声をあげるクラスの人達…
俺は恥ずかしさのあまり顔を隠した
桜坂梅蕾
桜坂梅蕾
それでは失礼します
そう言って教室を出ていく桜坂さん
男子生徒
男子生徒
くー羨ましい…
女子生徒
女子生徒
ラブラブじゃん
黒沢和樹
黒沢和樹
何で急にあんなこと聞いたの?
女子生徒
女子生徒
え?んー気になったからかな?
女子生徒
女子生徒
これからも2人仲良く過ごしてね
と、すたすたと教室を出ていった…
黒沢和樹
黒沢和樹
なんだよ…
これから桜坂さんと合うのが気まずい…




















 










この話はすぐに学校全体に広がった…



けど、桜坂さんの



「黒沢さんは優しくて、誰よりも相手の事を考えてる人なんです。」



    「そんなん彼が大好きなんです。」  





あの言葉を聞いて俺はずっとこの人と一緒に居たいと思った…