無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

255
2021/11/04

第75話

ライブ終わり
コンサートも終わり、まだセットは片付けてはいないが、先ほどの熱気は消え静まり返ったホール。



あなたは一人メインステージの縁に腰掛けて、浸っていた。



あなた 「はぁ…終わっちゃったぁ。楽しかったなぁ…」


?? 「俺らも楽しかったです。」


あなた 「あ、目黒くん。」


目黒 「あなたさんが見えたので来ました。よいしょ。」



目黒はあなたの隣に座る。



目黒 「俺らがずっと夢にまでみた事が現実になりましたね。」


あなた 「そうだねぇ。なんかまだ夢のようだよ。」






二人はステージの縁に座り、足をぶらぶらさせながらぼーっとしていた。






目黒 「そうだ。あなたさんステージ上がった事ないですよね?中央ステージ行ってみましょうよ。」


あなた 「え。いいのかな。」


目黒 「だってあなたさん、俺らのメンバーですよ?

俺らの目線、味わってください。」





メインステージから通路が伸び、ホール中央に円になったステージがある。そこに二人で並んでゆっくり歩きだした。


あなた 「わぁ…すごい……こっからみるとすごくみんなが近く感じるね。」


目黒 「そうなんです。ファンの方一人一人の表情もみえるんですよね。

泣いている人、笑顔の人、一人一人の表情がしっかり見えます。

今日のあなたさんの涙と笑顔も見えましたよ。」


あなた 「だってみんなが泣かしにくるんだもん。

でも嬉しかった。

あぁ、今までやってきた事間違ってなかったんだなって。」










目黒 「あなたさん、俺が最後にあなたさんに伝えたメッセージ覚えてます?」