無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

247
2021/11/04

第77話

それからの話
スタッフ 「じゃあレッスン始めるよー。目黒は…あドラマか。」


あなた 「私立ち位置変わりします。」


スタッフ 「おっけ。じゃあお願い。」




あなたはドラマでいない目黒の代わりに立ち位置練習に入る。

まぁ他のメンバーの時でも完璧なんだけど、目黒の時はより完璧。

いつも見てるからなんだろうなと思う。




佐久間 「なんか背も全然違うのにあなたが目黒に見えてきた!」


阿部 「確かに。本当完璧だね!」


あなた 「そうですか??なんか特徴とか入ってくるんですよね。こんな感じとか?」


とあなたは真似をする。


向井 「やばい!めっちゃ似てる!!最近確かに雰囲気二人似てきたよな。」


岩本 「一緒にいると似てくるもんなんだな。今日は一緒に帰るんだろ?」


あなた 「あ、みんなもちゃんと送りますよ?」


ラウール 「なんか申し訳ないなぁ。」


あなた 「だめです!そこは仕事です!仕事を優先します。」


深澤 「そういうところが目黒も惚れたんだろうなあ。

仕事に真面目なところ。」







そうこうしてると目黒がドラマ撮影から戻ってきた。


目黒 「遅れてすみませんでした。」


スタッフ 「大丈夫。あなたが代わりやってくれてたから。」


目黒 「あ、わかりました。」


あなた 「じゃあ導線教えときます。」




あなたと目黒はさっきの内容を確認している。


渡辺 「やっぱり似てるよな二人。」


宮舘 「まぁでも付き合う前から思ってたけどね。最近は一層似てる。」


あなた 「ここはこうで…こういう流れでお願いします。」


目黒 「わかりました。」


深澤 「ねぇ、なんで二人付き合ってるのに敬語なの?」




あなた、目黒 「え?だって今は仕事中だから。」




二人は当たり前のことをだけどなんで?という様子で言う。



岩本 「さすが二人だな。息ぴったり。

なんかこんな近くにカップルいるけど嫌な気持ちにならないもんな。」


ラウール 「そうそう!むしろもっとイチャイチャすればいいのにって思うけどね!」


向井 「ブログで匂わせもせえへんしなぁ。ええことや!」




二人はキョトン。仕事にも真面目な二人にはわからない話だった。






仕事終わり。いつも通りみんなを車に乗せ、一人ずつ降ろしていく。







そして最後、目黒だけになった。













あなた 「じゃあ帰ろっか。蓮。」




目黒 「うん。好きだよ、あなた。」






二人はそっとキスをした。










Fin.