第9話

無呪力者の本気
9,437
2022/04/17 16:17


.
あなた
たかが呪霊の分際で...
あなた
私の生徒に触んじゃねぇよ



そう言って懐にずっと隠し持っていた双剣を向ける



伏黒
あれは.........呪具!?
釘崎
は?でもアイツ呪具使えないんじゃ......
   

     
そう、私はそこらにある呪具は扱えない......



理由としては

呪具に流し込む呪力が私にはないから





だから............



あなた
...特別呪具...嘉正們





私しか扱う事が出来ない特級呪具、嘉正們





一振でもすりゃ体内の呪力を根こそぎ奪ってしまう程代償がデカい呪具




その代わり威力は絶大、2級までなら一振で倒せる





呪霊
ひ、ヒヒヒヒヒッッ
呪霊
ぉ、おま、おマエ、つつつつよィィ??
あなた
あったりめぇだろ




双剣を両手を使ってクルクルと振り回す
それをピシッと止め、呪霊の方に刃を向けた




あなた
元特級呪術師サマ......舐めんじゃねぇよ
釘崎
!?特級!?
伏黒
......(どうやって特級に......無呪力者が...)





...先程も言ったが、この呪具は一振で呪力を根こそぎ奪うヤベェ呪具





だが、あの人.......かつての伏黒甚爾のように

何も無い カラッポ のこの身体となると話は別




今までの保持者だった呪術師達から根こそぎ奪い取った呪力を、逆にこちらが奪い取る事が出来る






呪霊
グァァァアアア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!!!!







呪具に流れる呪力の動きを最大限に引き出す.....





呪霊
し、ししししねねぇぇぇええぇぇえ!!
虎杖
!!あ、危な((





図に乗るなよ、呪霊



走り向かってくる呪霊に構え
顔の前に呪力を備える








せいぜい苦しみながら死ぬといいさ






あなた
それでは、さいなら





走り向かってきた呪霊を交わし背後に回る

突然の事で油断しきっていた呪霊の首めがけ、思いっきり呪具を振りかざした







.........はい、これで特級呪霊討伐完了っ...と






あなた
どーよガキ共




まだ驚いて口が開きっぱなしの
一年坊の方に振り向きながら話しかける





虎杖
(すげぇ........)
伏黒
(あの呪具...クッソ危険なやつだよな......)
釘崎
(......これは元特級って言われても納得ね)



まだ仕舞ってない双剣の片方を一年坊達に向ける




あなた
覚えとけよ
あなた
全てを持ってる呪術師が強ければ
何も持ってねぇ呪術師もまた強いんだよ






.......理解されねぇだけでな

プリ小説オーディオドラマ