無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1:告白
みずき
みずき
あ、あのっ!!
私ずっと先生のことが好きでした!
今も大好きです!
とおる先生
とおる先生
。。。ありがとう。
熊澤さんの気持ちは嬉しいよ。
でも熊澤さんと僕は生徒と先生だ。
とおる先生
とおる先生
だから熊澤さんとは付き合えない。
ごめん
みずき
みずき
っ…!!
で、ですよね
私もそこまで馬鹿じゃないからわかってました😭
みずき
みずき
で、でも気持ちだけ伝えたくて😭
とおる先生
とおる先生
うん、ありがとう
みずき
みずき
さようならm(*_ _)m
       ~とおるside~

あっ、行っちゃった。高校名聞いとけばよかったな。。。
何してるんだろう僕。
僕も熊沢さんが好きだって言えばよかった。
あの時から好きだってちゃんと言えたら良かったのに。。
きっと、いや絶対教師としては間違った判断はしていない。
でも、男としたらどうだろう。
好きな女の子を泣かせて、自分の気持ちも言えずに。。。
また会いたいな。