無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

最悪
私達は色々な所を回った。 
お揃いのネックレスと服と帽子を買った。😂
嬉しすぎるぅぅぅぅ!
みずき
みずき
幸せだなぁ……
とおる先生
とおる先生
俺も今思った。
みずき
みずき
え、あ、聞こえてたんだ😳
とおる先生
とおる先生
うん笑
あぁ、こんな幸せなのにまさかこの後
あんなことになるなんて
私も、とおるも思わなかった。







手を繋いでラブラブしてる
Yuki
Yuki
あ、とおる〜!ﻌﻌ♥
とおる先生
とおる先生
…え、ゆき?
みずき
みずき
……
Yuki
Yuki
この女だれー?
とおる先生
とおる先生
みずきだ。
Yuki
Yuki
どうゆう関係なの?とおるとー
みずき
みずき
彼女だけど?
Yuki
Yuki
はぁ?笑笑
何言っちゃってんのー?とおるの彼女は私だから笑笑
Yuki
Yuki
勘違いしてかわいそー
とおる先生
とおる先生
は?お前何いっ))
Yuki
Yuki
ってか、とおるが貴女みたいな女選ぶわけないじゃん笑笑
みずき
みずき
なにいってんの?
この時私は何もかも嘘に聞こえた。
とおるの(そんなのこいつの嘘だ)って言う声も…
あの時と同じような気がしたから…
(元カレ)祐太がした事とそれを言われた時の状況が似てた。すっごく…

私は2人にそっか、ごめんねって言いお幸せにと
その場を急いで逃げ出し横から来てる車に気づかずそのまま……
とおる先生
とおる先生
みずき危ない⚠!
みずき
みずき
え?あっ。。
Yuki
Yuki
うそっ…!
ガシャアーン!!
私は行きよいよく跳ねられた。
そしてそのまま意識を失った。
とおる先生
とおる先生
おい、嘘だろ…!
ゆき、お前のせいだからな。
Yuki
Yuki
いやぁ!嘘よ!こんなの私のせいなんかじゃ、ないんだからぁぁ!
Yukiは走っていなくなった。
とおる先生
とおる先生
くそっ!救急車!
私は病院に運ばれた