無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

嫉妬
とおる先生
とおる先生
1日出張で中学に来てくれましたw
みずき
みずき
こ、こんにちは😳
〇〇〇高校のmizukiです
男子))可愛い♡
高校生でしょ??可愛いんだけどw
とおる先生
とおる先生
心の声))やだ。
あなたは渡さないから
みずき
みずき
心の声))恥ずかしい
なんとなーくで1日が終わろうとした
放課後


あなたは彼氏のとおる先生をまってる
すると、男子達がきて
男子))可愛いですね。
さっきの時間楽しかったです
みずき
みずき
ありがとう😊
ほら言えよ  
など友達がそそのかしてるのが聴こえる
みずき
みずき
??
男子))僕とLINE交換しませんか??
みずき
みずき
え、いいよ
交換することになった
……
物陰で誰か覗いてる気がする……
あなたはずっと気づいてた。
それが誰なのかだいたいわかった気がした。










男子達が帰って廊下にはあなたと、
覗いてる人しかいなくなった時
あなたが
みずき
みずき
もういいんじゃない?
とおるくん😂
とおる先生
とおる先生
!!
ばれてたの、?
みずき
みずき
当たり前じゃんw
とおる先生
とおる先生
かえろっか
みずき
みずき
うん!!
車で帰宅中
沈黙が少し続いたあと
急にとおるが
とおる先生
とおる先生
ねぇ
みずき
みずき
んー?
とおる先生
とおる先生
僕から離れないでね??
みずき
みずき
当たり前でしょ
とおる先生
とおる先生
ありがとう
みずき
みずき
うん!
安心した…とおるでした