無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

那須雄登 🔞(狂)












〖テレビ〗


「半年ほど前から、行方不明になっている○○市に住む、相崎あなたさん。未だ、有力な手がかりは見つかっておらず…警察は捜査を続けています……」



「心配ですね…」



































ゆうと
あなたは、俺だけのものだろ?
あなた
う…ん……
ゆうと
聞こえないよ?あなた?ねぇあなた?
ゆうと
あなたは誰のものだっけ?






















言わなきゃ…













あなた
ゆと…くんの…です…












ゆうと
ん…いい子…
ゆうと
でも…危ないことしちゃだめでしょ?












いやだいやだいやだ…こわい


















強引に服を脱がされる…












私の着ているものが全てなくなったら、愛おしそうに、そして怒りに満ちた目で私を見つめる。















ゆうと
あなた…大好きだよ…











あなた
ンッンアァッッッヤダァ…ンッンッ























こんな日々はいつまで続くのかな…?






















半年前











私はゆうとくんに恋をした。












ゆうとくんは私に恋をした。












そうなれば、めでたく結ばれて幸せな日々を過ごしてハッピーエンド。



これが普通でしょ…?













でも、私の普通はいとも簡単に壊された。













束縛が激しすぎるゆうとくん。


最初は嫉妬してるの可愛いなって思ってたけど、もうそんな余裕はない。











ゆうとくんは私の事ほんとに好きなのか、わかんない。でも…行為をする時は愛してる、好き、俺だけのものって言う。











おかしい。好きなら、好きなら自由にさせてよ。。。











もう半年も経つんだよ??



















この家に閉じ込められて。



















~~~











ゆうと
もうほんとに可愛いよ…あなた
ゆうと
気持ちい??気持ちいでしょ??
あなた
ンンンッッ








コクン…












ゆうと
そうだよね。ここ大好きだもんね













そう言って腰を大きくそして早く動かす。

















ダメ、もう…




















我慢できない…















あなた
アアッッッハァハァっ
ゆうと
かわい…イきそうなの?
あなた
ウッンッッ///














イかせて………














ゆうと
ダーメ。
ゆうと
これはおしおきなんだから、





















ゆうと
簡単にはイカセナイヨ?ニヤ
あなた
ヤダァ
















無理…こんな…寸止め…イかせてほしい…















ゆうと
じゃあ、
ゆうと
あなたはゆうとくんのものです。もう勝手に家出たりしません。だから、私のココにゆうとくんのおっきいの下さいって言ってこ?
ゆうと
そしたら…



耳元で
ゆうと
もっともっと気持ちよくさせてあげる。










ずるい…そんなの恥ずかしくて言えるわけない…のに…もっともっと快感が欲しくて。

















あなた
あなたは…ゆ…とくんの…ものですっ///
もう…家出たり…しません。。
あなた
だから……
あなた
私の…ココに…ゆとくんの…おっきいの…下さい//////
ゆうと
はぁーかわいい
ゆうと
よく言えました
ゆうと
約束通りにしてあげるね?
あなた
ンッンッアアアアアッッッ
ゆうと
可愛い。可愛いよあなた。ずっとずっと一緒にいようね??



















やっぱり私の彼氏は狂ってる。
























でも、でも、好き…なんだ……