無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

道枝駿佑🔞リクエスト




駿佑side…



クリスマス…


俺と、あなたは付き合って今日で1年になる。


だから、デートの約束をして、待ち合わせ場所で待っている最中。







タッタッタッ…




あっ、来た…!
あなた
ハァ…駿佑っ!
しゅんすけ
あっ、あなた!
あなた
ハァハァ…お待たせ!待っちゃったかな??
走ってきたからか、息が上がっているあなた。
しゅんすけ
ううん 俺も来たばっかやし。
って言うのは嘘で、今日が楽しみすぎて、1時間早く来ちゃったんよ、

恥ずかしくてそんなことあなたには言えんけどな?
しゅんすけ
さ、行こっ
俺はそう言って、さりげなくあなたの手を握った。


あなた
///うん…!
あなたは少し恥ずかしそうにしながら俺の手をしっかりと握った。









街中を少し歩くと、そこには綺麗なイルミネーションが広がっていた。




そう、ここが、俺が今日あなたを連れてきたかった場所。





しゅんすけ
あなた!今日で付き合ってから1年…
ほんとにありがとう…!これからもこんな俺と…付き合ってくれますか?
あなた
うんっ!当たり前だよ!駿佑っ!
ギュッ…俺は我慢できずにあなたを抱きしめて、耳元で
しゅんすけ
あなたこういうの好きかなって思ってさ、
あなた
///うんっ!大好き♡ほんとありがとう駿佑!
ドキッ…
俺のことを好きっていったわけじゃないのに、俺の事を好きって言ってるみたいだった。


しかも、その笑顔は反則やから///
あーやばいな、帰したくない…


このまま時が止まればいいのに…



そんなことを考えてると、あなたが急に手を握る力を強くした。
あなた
ね、ぇ?駿佑?私…このまま駿佑と一緒にいたいな…
…ぇっえ?
嘘…やろ…?あなたがそんなこと言ってくれるなんて…


夢…なのか…?
しゅんすけ
………
あなた
あっ、ダメっ…だよね?ごめんね?
あっ、やばい…完全に思考停止しとった
しゅんすけ
ちゃうちゃう!
しゅんすけ
俺もあなたと今日はずっと一緒にいたいよ?
あなた
ほ、ほんとぉ?
しゅんすけ
ふふっ笑 うん
しゅんすけ
じゃあ今夜は俺の家で泊まってき
あなた
ありがとう!
その代わり…ニヤ
しゅんすけ
その代わり、今夜は覚悟しとけよ?
俺はあなたの耳元でこう呟いた
あなた
///っ!うん…!
しゅんすけ
wwwそろそろ…帰ろか?寒いやろ?



手を繋いでいるから分かるけど、少しあなたの手が震えてる。


しゅんすけ
マフラーもしとらんし、これ使い?
そう言って、俺がつけていたマフラーをあなたの首につけた。
あなた
わっ…!あ、ありがとう!でも、駿佑が寒くなっちゃう…
しゅんすけ
俺は大丈夫や!男やし
あなた
そ、そっか…!
しゅんすけ
じゃあ行こ?俺んち
あなた
うん!










駿佑家









しゅんすけ
着いたっ
あなた
お、お邪魔します…!
しゅんすけ
wwwそんなかしこまらんくてもええのに
あなた
カァ/////
あなた
い、いいでしょ!
しゅんすけ
わかったわかったw
先にお風呂はいって温まった方がええよな…
しゅんすけ
あなた!お風呂ためるで、入ってきな
あなた
う、うん!ありがと







飛ばします。























~2人ともお風呂終了~







しゅんすけ
そんじゃ、





そう言って、軽すぎるあなたの体をそっとベットに押し倒した。



あなた
んっ!///
しゅんすけ
久しぶりやな笑
あなた
だ、だね///
まだなんもしてないのに、何恥ずかしがってんの笑 か~わいっ
しゅんすけ
チュッ
あなた
んっ、
はじめは触れるだけのキス…





でも、次第にそれは激しくなっていく。





あなた
んっ///んぁっ///はぁ
しゅんすけ
んっ…///
舌と舌が絡み合う…





大人のキス……
あなた
んっ…はぁっ///
あなたの少し苦しそうにしていて、とろけそうな顔を見ると、理性が効かなくなる…



その顔は反則や…
しゅんすけ
そろそろ…




俺はそう言って、あなたのブラウスのボタンをひとつずつ外していった。





あなた
(//・_・//)カァ~ッ…
あなたの胸が露わになる。




右胸をそっと揉む…




柔らか…
しゅんすけ
ほんま、あなたの胸柔らかいよな///
あなた
そ…///そんなぁッ、こ、とぉっ///なぁいっ、
喘ぎながら答えるあなたはほんと可愛い♡



喋りにくいのに、必死に答えてくれる
もっと激しくしよっと
あなた
あっ///あぁっ///んっ…///はぁっ///





さりげなく、あなたの下の方に手をやる。





もう、あなたのアソコはびしょびしょだった。
しゅんすけ
めっちゃ濡れてる…笑
あなた
あっ///恥ずかしっ///
しゅんすけ
ん…かわいいよ?







あなたのアソコに指を入れる。








やば、余裕にはいった。






1本…



2本…



3本…






しゅんすけ
3本もはいったで?
あなた
んっ///あっあ///うぁ///
俺は激しく指を上下に動かした。




あなたはめちゃめちゃ感じてくれてる
あなた
しゅ…///んっ…すけぇっ///も…やばぁい///
しゅんすけ
イキそ?まだだ~め
あなた
ん…え?///
俺は指を抜いて、俺のパンパンにったあれをあなたのアソコに入れた
しゅんすけ
んっ
あなた
あっ!///あぁ~///あっ///
あなた
はぁっ///





あなたは、気持ちよさそうに腰を動かしている。






やばい…///締め付けよすぎ///
しゅんすけ
んぁっ
あなた
んんっ///はぁっ///
あなた
あっ、そこぉっ///だ、めっ///
あなたの1番きもちいところを何度も突く。
しゅんすけ
んっ、
あなた
あぁぁ///はぁっ///も、イク…///
しゅんすけ
俺も…
しゅんすけ
ハァハァ…一緒に…イコ?///
あなた
う…んっ///
最後に俺は一番奥を突いた。
あなた
アッアッ///はぁっ///んぁっ///あぁ~///
しゅんすけ
んん~///






俺達は同時にイッた。









しゅんすけ
ふふっ、今日は楽しかった
あなた
わ、私も…!
しゅんすけ
笑 改めて、よろしくね、あなた
あなた
うん!私の方こそよろしくね!駿佑!










幸せな…幸せな…日でした。



















end……

























family様リクエストありがとうございます🙇
どうでしたでしょうか??笑
希望通りになっていると嬉しいです✨
もし良かったら感想お願いします🙇







リクエストは常に受け付けてます💖
コメントで、誰が、どんな風に、など教えて下さると嬉しいです!
🔞かも書いてくれると嬉しいです😊



引き続きお願いします🙇

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

る ぅ ち ゃ 🌹
る ぅ ち ゃ 🌹
更 新 速 度 め ち ゃ ん こ 遅 い で す 🐢
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る