無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

>>4
あなた
あなた
あのーコンロなどの周りを掃除する洗剤とかあります?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あー無いかもしれない
あなた
あなた
じゃ、ちょっと買ってきます
やふへゐくん
やふへゐくん
あ、僕も行ってもいいですか?
欲しいものあるんで
だいちぃ
だいちぃ
わー見てよ
ようへいくんあなたちゃん独り占めしようとしてる
トマトクン
トマトクン
あーほんとだーずるーい
やふへゐくん
やふへゐくん
いやいや、否定はしないけど、買いたいものもあるの!
たなっち
たなっち
否定はしないんかい笑
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
笑笑じゃ、気おつけてね
あなた
あなた
ありがとうございます!
私とようへいくんはホームセンターに向かった
あなた
あなた
ようへいくんは何を買いに来たんですか?
やふへゐくん
やふへゐくん
僕はちょっと動画で使いたいもの
ようへいくんは歩きながらも気楽に話してくれていた
あなた
あなた
あそこのキッチンは全然掃除できてないんですか?
やふへゐくん
やふへゐくん
そーだね。少なくとも僕が来てから掃除してるとこ見たことないかも笑
あなた
あなた
そうだったんですか…
それなら私も頑張らないと
やふへゐくん
やふへゐくん
僕も手伝いますよ
あなた
あなた
でも編集とかが、
やふへゐくん
やふへゐくん
へーきへーき
やふへゐくん
やふへゐくん
あ、着いたよ
ホームセンターに行き買いたいもの買ってお店を出た

ちょっと買いすぎてしまった。…重い
やふへゐくん
やふへゐくん
持つよ…重いでしょ?
あなた
あなた
え!あ、全然大丈夫です。
ほ、ほら筋トレにもなりますし…
やふへゐくん
やふへゐくん
女の子は無理しちゃダメだよ。
うちにもこんなに男がいるんだから少しは頼ってもいいんだよ?
少し心配した顔で私を見るようへいくんはとってもかっこよかった。
心の奥で少しくすぐったい感情が芽生えた
帰り道、
女の子二人がこちらを見てヒソヒソ話している
あなた
あなた
なんかめちゃくちゃ見てきますね
やふへゐくん
やふへゐくん
俺ってバレたかな?ちょっとこっちこられても困るし
私はすぐさまさっき買ったマスクを取り出しようへいくんに渡した
あなた
あなた
これ、つけてください!
やふへゐくん
やふへゐくん
え、ありがと
それから何事もなく家に戻った
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
おかえりー
だいちぃ
だいちぃ
何買ってきたの?
あなた
あなた
洗剤とかです。
たなっち
たなっち
あなたちゃん頑張ってるね。どんどん家が綺麗になってく
トマトクン
トマトクン
そーですねー
あなた
あなた
あ!1つ回忘れた。
すいませんもう一度行ってきます
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
え、でも外結構暗いよ。
あなた
あなた
平気です!
すぐそこのコンビニで買ってくるんで、では。
トマトクン
トマトクン
大丈夫ですかね?
やふへゐくん
やふへゐくん
ちょっと心配かも
たなっち
たなっち
まぁ、すぐそこだし…
1時間後
トマトクン
トマトクン
ちょっと遅すぎません?
コンビニって5分くらいで着きますよね?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ちょっとやばくない?
トマトクン
トマトクン
自分見てきます。
たなっち
たなっち
ちょっと気おつけてね?何かあったら電話して
トマトクン
トマトクン
分かりました。