無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

>>8
次の日
あなた
あなた
こんにちはー
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あなたちゃんこっちこっち
はじめくんに呼ばれた方に行くとたなっちもいた
たなっち
たなっち
今からトマトクンにドッキリ仕掛けるんだけど協力してくれない?
あなた
あなた
これ、動画ですか?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ううん。動画撮るけどYouTubeには上げないよ
ばじめくんとたなっちは悪い顔をしながら私に作戦を伝えた
あなた
あなた
トマトクン、あのこれ
トマトクン
トマトクン
なんですか?それ
私はトマトクンにスマホの画面を見せて
手を繋ぐ作戦だ
私は手にさりげなく触れ優しく手を繋いだ
トマトクン
トマトクン
あなたちゃん?あの…手
あなた
あなた
どうかしました?
トマトクン
トマトクン
えと…手を…繋いでるのは…その
あなた
あなた
あ、すいません…嫌でした?
トマトクン
トマトクン
((((;゚Д゚)))))))ぜんぜん嫌じゃないです!
けど、少し恥ずかしくて
あなた
あなた
たなっち
たなっち
はーーい。そこまで!
編集部屋からドーンとでてきたたなっちとはじめくん
トマトクンはうわぁぁぁと言いながらめちゃくちゃ驚いていた
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
どうでしょう。ともたか
たなっち
たなっち
少しは期待しただろ?
トマトクン
トマトクン
さすがにこれはしますって!
あなた
あなた
笑笑
たなっち
たなっち
あなたちゃんありがとね
あなた
あなた
やっぱり、緊張しますね/////
トマトクン
トマトクン
え、これドッキリですか?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
その通りだ!
これがドッキリではなかったら俺らは本気で止めている
たなっち
たなっち
ともたかだけいい思いはさせられないからね笑
トマトクン
トマトクン
やっぱり期待しちゃいますね
この企画が終わると私は下に降りて大学のレポートをやっていた
やふへゐくん
やふへゐくん
あなたちゃん?
ここで何してんの?
あなた
あなた
大学のレポートです。
あれ、さっき動画撮ってなかったですか?
やふへゐくん
やふへゐくん
さっき終わったまた撮るみたいだからすぐ上行くけどね
あなた
あなた
そうなんですか。
ようへいくんはいい大学行ってたって聞いたんですけど…
やふへゐくん
やふへゐくん
いやいや、たいした大学じゃないよ笑
やふへゐくん
やふへゐくん
あなたちゃんはどんな大学行ってんの?
あなた
あなた
美術系の大学です。
まぁ、レポートが大変で、大変で
やふへゐくん
やふへゐくん
笑笑そうだったんだ。
手伝えることが何かあったら聞いてね
あなた
あなた
ありがとうございます!
ようへいくんは優しいですね(ニコッ
やふへゐくん
やふへゐくん
う、うん。
それはあなたちゃんだからだよ。(ボソッ
あなた
あなた
何か言いました?
やふへゐくん
やふへゐくん
いや、そろそろ行くね?
や)やべぇ…なんだよあの笑顔。可愛過ぎない?
だいちぃ
だいちぃ
よーへーくん撮るよー?
やふへゐくん
やふへゐくん
うーん。
数時間後
あなた
あなた
おーし。
全部終わったぁぁ!
たなっち
たなっち
お疲れ様。
今からみんなでご飯食べに行くんだけど、どお?
あなた
あなた
いいんですか?
たなっち
たなっち
うん。みんな先行っちゃった見たいだから、早く行こっか
私たちは車に向かいたなっちの隣、助手席に座った
あなた
あなた
たなっちって車運転出来たんですね。
たなっち
たなっち
えぇ。できない感じに見えた?笑
あなた
あなた
あはは。すいません
けれど、たなっち可愛い雰囲気あるので、そういう風に見えました。
たなっち
たなっち
可愛い?!
そうかな?
あなた
あなた
悪気はないんですけど…
たなっち
たなっち
別にあなたちゃんだったら嫌じゃ無いかも
たなっち
たなっち
あ、着いた、ちょっとごめんね
たなっちは私の座ってるシートを持ち後ろを向いて、バックで車を止めていた
距離がとても近く、まともにたなっちのことを見れなかった。
するとバック入れ終わったたなっちと目が合ってしまい、私は体の温度が急激に上がる感覚がした
たなっち
たなっち
あ、ごめん/////
あなた
あなた
いえ、平気です////
たなっちの顔も真っ赤で私達はよく分からない空気の中車を降りてみんなのおる店に向かった