無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

>>3
階段を上がると笑いながらも先程の服の匂いを嗅ぎ続けていた
トマトクン
トマトクン
ちょっとこれ誰の服ですか?笑
やふへゐくん
やふへゐくん
これ、たなっちのじゃない?
たなっち
たなっち
嘘でしょ?これ、僕のじゃないよ
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
けんすけのだ笑
みんなが笑い合っている中私は壁の隙間から5人の様子を覗いた
畑ってこんな感じなんだ…
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あなたちゃん?
あなた
あなた
あっ!すいません。
まだ終わってなくて…
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
ちょっと休憩しよっか
トマトクンなんかお茶菓子とかあったけ?
トマトクン
トマトクン
あーありますね。今用意します!
あなた
あなた
ありがとうございます!
私はダイニングテーブルの左端の椅子に座らせてもらった
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
みんなさあなたちゃんのことさん呼びなの?
気楽に接せられるように、ちゃんとか呼び捨てとかみんなでやってみようよ!
あなた
あなた
それは私もでしょうか?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
当たり前じゃないっすか!
今後みんなあなたちゃんの事をさんとか呼んだりあなたちゃんもさん呼びしたらこの罰金箱に罰金ね
あなた
あなた
私は皆さんのことをなんと呼べば…
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
みんなははじめんとか、はじめくんとか色々だね
たなっち
たなっち
僕はたなっちで、そのまま呼んでもらっても構わないよ
やふへゐくん
やふへゐくん
みんなは僕のことようへいくんって言ってるね
だいちぃ
だいちぃ
俺はだいち、だいちくんなんでもいいよ
トマトクン
トマトクン
じゃ、僕もトマトクンそのままで、
あなた
あなた
私もなんの呼び方でも構わないです
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
僕は変わらずあなたちゃんって呼ぶね
トマトクン
トマトクン
じゃ僕も
だいちぃ
だいちぃ
俺もそう呼ぼー
やふへゐくん
やふへゐくん
じゃ僕も
たなっち
たなっち
それなら僕も
あなた
あなた
みんなちゃん呼びですか笑
私は、トマトクン、はじめくん、だいちくん
たなっち、ようへいくんこんな感じで
よーしスタート!

はじめくんの掛け声で始まったこの条例
ちゃんと呼べるかな…
だいちぃ
だいちぃ
よし、休憩も出来たことだし始めますか。
たなっち
たなっち
そうだね。あなたさ、ちゃん降りよっか
あなた
あなた
今、言いかけましたよね?笑
たなっち
たなっち
セーフ、セーフ笑
床が綺麗になったことで、次は机の上を綺麗にし、台拭きで、机の上を拭いた
だいちぃ
だいちぃ
結構綺麗になったね。
これでポケカもやりやすくなったわー
たなっち
たなっち
そうですよね、ボス呼んできますわ
あなた
あなた
なんか清々しいです。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
終わったー?おぉ!めっちゃ綺麗になってる
ありがとう!あなたちゃん
たなっち
たなっち
いやいや、僕達も一緒にやったんだけど
だいちぃ
だいちぃ
ホントだよ笑
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
あーごめんごめん笑
ありがとーね
だいちぃ
だいちぃ
テキトーだな笑
はじめくんからOKのサインをもらい、私はキッチンの食器などコンロの周りなどを掃除した