無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

>>5
女の子1
女の子1
あの、ようへいくんの追っかけですか?
あなた
あなた
いや、そんなわけないじゃないですか
女の子2
女の子2
さっき2人で歩いてましたよね?
ようへいくんとっても嫌そうな顔してましたけど?
コンビニに行く途中さっきこっちを見てきた女の子2人が私を待ち伏せしていたらしい
あなた
あなた
私はアシスタントとしてここにいるだけで、
そんなただ好きだからって意味でひっついてる訳では無いです
女の子1
女の子1
嘘つくんじゃねぇよ!
動画でも、女の子のメンバーは募集してなかったし
女の子1
女の子1
ってか別にアシスタントなんていらなくね?笑
女の子2
女の子2
それなー笑笑
あなた
あなた
…っ
何も言えなかった。
あの時兄の誘いに断っていたら、もしかしたはじめくん達も私の事ホントは別の人がいいとか思っていたら…
そう思うと目がとても暑くなり思考が停止してしまった
女の子2
女の子2
え、こいつ泣いてんの?
女の子1
女の子1
なんでー笑
私たち泣かしちゃったぁ笑笑
トマトクン
トマトクン
あなたちゃん!
私の後ろから走る音が聞こえたと思い、振り返ると
そこにはトマトクンの姿があった
女の子2
女の子2
あれ、トマトクンだよね。
ちょっとやばいよ、帰ろ
女の子1
女の子1
うん。それな
彼女達はグルンと回れ右をし足早でここから去った
トマトクン
トマトクン
大丈夫?遅かったから心配しちゃいました
トマトクン
トマトクン
あなたちゃん?
あなた
あなた
あ、あ…すいません、迷惑かけてしまい、まだ買いに行けてないんです。トマトクンは先帰ってても大丈夫ですよ?
涙目になった顔を見せないようできるだけ目を合わさずトマトクンの傍から立ち去ろうとした。
トマトクン
トマトクン
ちょっと、やっぱり危ないから僕もついて行きますよ
あなた
あなた
いや、ほんと平気なんで、
トマトクン
トマトクン
その前に、さっき何があったのか教えてくれませんか?
トマトクンの真剣な顔を見て抑えていた涙が溢れ出てきた。
その時のトマトクンは驚いた顔してオドオドしていた
あなた
あなた
すいません。畑のメンバーや、ファンを不快な思いにさせて
トマトクン
トマトクン
え、え、一旦家戻ろ?
買い物は明日にしましょう
あなた
あなた
は、はい